昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「初対面は全裸だった」「赤井の両親から毎日出て行けと手紙が…」赤井英和夫妻が語った結婚に至るまでの壮絶すぎる道のり

赤井英和夫妻インタビュー#1

2021/08/29

 プロボクサー赤井英和が「浪速のロッキー」の異名で大活躍を見せたのは、はや40年近くも前のことである。その少し強面なイメージと相反し、近年ではちょっととぼけたおじさんキャラとして、若い世代からの支持が急拡大している。

 その火付け役となったのが、佳子夫人のツイッターだ。開始から1年にしてフォロワー数は20万人に迫ろうとしている。赤井家の実態を探るべく、夫妻同伴でのインタビューを試みた。(全2回の1回目/後編を読む)

泥酔中の赤井英和とご対面

――Twitterの反響が止まりませんね。これまでとは違うかたちで夫妻にスポットがあたっている印象ですが、あらためてお2人の馴れ初めをお聞きしてもいいですか。

赤井 彼女と出会ったのは、私が『東京エレベーターガール』(1992年、TBS系)という、宮沢りえさん主演のドラマに出演していた時ですね。当時は大阪在住だったので、撮影中は都内でホテル暮らしをしていました。しかし、急な雨で撮影が中止になったりすると、暇でしゃあないんです。そこで、田中さんという友達に電話をして、「今日、暇やねん。酒でも飲もうや」と言ったんです。その田中さんが連れてきたのが、彼女ですよ。

佳子 私はその田中さんの友人で、「赤井英和が東京に来てるから一緒に飲もう」と誘われました。正直、あまりテレビを見ないので、赤井英和というのが誰なのかわかっていなかったのですが、田中さんの友人という安心感もあって、付いていったんです。

©深野未季/文藝春秋

赤井 ところが、なかなか来えへんのですよ。待っている間に、冷蔵庫のお酒も全部飲んでしもて、しまいには待ちくたびれて寝てしまいました。

佳子 田中さんは赤井のことをよく知っているので、「あいつ、酒飲んでまた寝とんな」と察したようでしたが、私からすると人を呼んでおいて寝てしまうなんて考えられず、「そんなわけないでしょ」と。でも、まったく出てくる様子がないので、ホテルの方に「今日会う約束をしてたんだけど、部屋から出てこない。倒れているかもしれないから開けてほしい」と言って、どうにか会えたのが初対面ですよ。

©深野未季/文藝春秋

――つまり、第一印象はあまり良くなかったんですね(笑)。

佳子 真っ暗な部屋の奥から、ぐっしゃぐしゃの頭で、ほとんど全裸に近い状態で起き出してきて、「誰?」って(笑)。誰も何も、呼んだのはそっちでしょと思いました。

――え、全裸というのは……?

赤井 寝ているあいだに、浴衣がほとんど脱げて紐だけになってしもてて……。パンツも履いてなかったので、丸出しでした。てっきり田中さんが1人で来るもんやと思っていたので、何事かと思いましたね。しかも、飲みすぎたせいなのか、体中あちこちに赤い斑点みたいなのが浮き出ていて、「うわっ」と思ったのを覚えています。