昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/29

genre : エンタメ, , 娯楽

10月14日(木)ホテル阪神大阪(大阪市福島区)

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hs/hanshin

ホテル阪神大阪(大阪市福島区) 

 大阪で利用率の高い「ホテル阪神大阪」。JR福島駅目の前、駅がコンパクトなので環状線ホームから階段を降りれば(エレベーターもあり)、改札口からホテルロビーまで横断歩道を挟んで徒歩1分(信号が赤なら2分位!?)。天気が悪い時でも横断歩道が環状線高架下なので濡れずにすむ。

ホテル阪神大阪(大阪市福島区)

 客室の質感の高さや付帯施設の充実度も魅力だが、全客室に天然温泉が引かれている点にも注目。客室で温泉が満喫できるとは何とも贅沢。

ホテル阪神大阪(大阪市福島区)

 さらに7Fには「阪神サウナ」もあり。サウナの大きさに加えて水風呂の深さもサウナー心をくすぐる。

10月23日(土)センチュリーマリーナ函館(北海道函館市)

https://www.centurymarina.com/

センチュリーマリーナ函館(北海道函館市)

 函館駅から朝市を抜けベイエリアへ。すっかりファンとなった「センチュリーマリーナ函館」を再訪。最上階の露天風呂は相変わらず最高だが、こちらに来たらぜひロイヤルフロアを狙いたい。ロイヤルフロアの客室の大きな湯船から、ゆったり望む函館山の夜景も格別。

センチュリーマリーナ函館(北海道函館市)

 湯は茶褐色で鉄分多い源泉掛け流し。風呂上がりにベッドに寝転び、港町を眺めながらうとうとするのは至福の時間。訪れる度にホテル全体が進化しており、言うこと無し。

センチュリーマリーナ函館(北海道函館市)

 朝食目当てに訪れる宿泊者も数多い。イクラをはじめたっぷりの海鮮はもはやデフォルト。個別オーダーできるブイヤベースも感涙もの。

z