昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/02/10

『カムカム』と『あまちゃん』を比べてみると……

 朝ドラブームに火をつけた『あまちゃん』(2013年)は祖母、母、孫の3世代の物語で、主人公アキ(能年玲奈 現・のん)が過去にさかのぼって母・春子(小泉今日子)と祖母・夏(宮本信子)の人生と重ねながら自己のアイデンティティを発見していく物語であった。『あまちゃん』もこれまでにない朝ドラとして高い支持を獲得したが、根底に『おしん』のDNA を潜ませていたからこそ大きく跳ねることができたと言っていい。

『おしん』や『あまちゃん』が過去に戻っていく物語であったものを『カムカム』は過去から現在、未来が続いているという、歴史に学ぶ物語を進行形のドラマに書き換えたという点で、新しい挑戦であり、時間は不可逆であるという認識に基づいた極めて現実的で前向きなドラマなのである。

のん(能年玲奈) ©文藝春秋

 しかも、人間はその人一代限りで死んだら終わりではなく、人と人との繋がりが未来を作っていく永遠性を描いている。そんなドラマが生まれたわけは、震災やコロナ禍……といろんなことがあり過ぎて、それでも前に進むしかないという今の日本の状況にほかならない。

 果たして『カムカム』は2025年をどんなふうに描くのか。今、未来の希望を描くとしたらそれはどんなものだろうか。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(20枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z