昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/25

 その鬼教官は一人で晩酌をしていましたが、しばらくすると携帯電話を取り出し「もちもち~、ゆいたんでちゅか? パパでちゅよ。元気でちゅか?」と通話を始めました。そこには鬼教官の姿はなく、単身赴任中のお父さんが娘と話している姿だけがあり、「ああ、この優しいパパの顔が鬼教官の本当の顔なんだ」と私は悟りました。そして思ったのです。「ゆいたんのパパに隕石を落とすのはよそう」と。

イラスト=原田みどり/提供:KADOKAWA

 そのまましばらく娘と話している様子を見ていると、教官が急に私達のほうを振り向き、目が合いました。彼は一瞬驚いた顔をして、お互いになんとも気まずい雰囲気になり、私達は逃げるように店を後にしました。

「お前は昨日何も見なかった。聞かなかった。いいな」

 翌日の朝の点呼が終わると、鬼教官が「おい」と言って私のことを指さしました。「お前は残れ」と低い声で言われ、私一人残されて、何を言われるんだろうとビクビクしていると「お前は昨日何も見なかった。聞かなかった。いいな」と言われました。その顔は、昨日のゆいたんのパパの顔ではなく、いつもの鬼教官の顔でした。しかし、私にはその日から鬼教官ではなく「ゆいたんのパパ」が一生懸命に頑張っているように見えるようになりました。

 このように、鬼教官とはあくまでも演じているだけであり、本当は優しい人が多いのです。

【続きを読む】“俺が死んだらお前がやれ!” 陸上自衛隊で行われている「対抗演習」…その知られざる実態とは〈愛とユーモアの自衛隊ライフ〉

陸上自衛隊ますらお日記

ぱやぱやくん ,原田 みどり

KADOKAWA

2022年2月24日 発売

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z