昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/02

genre : エンタメ, 芸能

日本語ができないフリをすることも

リア 『うぇぶたま』に出ていた頃は、あまり私の存在も知られていなかったので、そこまでプレッシャーを感じることはなかったと思います。ただ、その後ですね。不安というか、怖くなったのは……。

 説明が難しいんですが、テレビはトークにしても、すごくペースが速いんですね。それについていきながら、何かを言われたら私もすぐに反応して、返さなきゃいけない。頭の回転が速くないといけない世界なんです。でも、私はそうではなかったし、特に日本語でそうしたやりとりをするのが大変でした。

 あと、みんなが私に期待するのも、可愛くて、ちょっと日本語がおかしいとか、ちゃんと日本語がしゃべれないキャラクターとか、そういうものを求められていると感じていて。なので、そういうフリをするというか……、それも難しかったです。

――自分の中にある「もっとこうしたい」という理想と、「でも、ここまでしかできない」という現実と、そのギャップに苦しくなっていったんでしょうか。

リア でも、自分の性格がテレビに出るには真面目すぎたとか、そういうわけでもないと思うんです。それよりも、あまりに急激に色々なことが起きてしまって……。それまでは長い間、夢でしかなかったようなこと、ずっと手に入れたいと思っていたことを急に手にしてしまったので、それにどう対応していけばいいかわからなかったのが辛かったんだと思います。

デビュー当時のグラビア写真

――夢が叶った後の辛さ、ということですね……。

リア もっと一つ一つ時間をかけて練習したり、準備をしておけば、もっといい仕事が出来たんじゃないか、という気持ちもあります。でも、繰り返しにはなるんですが、これは文句を言っているわけではないんです。あの頃はものすごくたくさんの機会をいただいたし、自分でやってみたいと思うことは全てやらせてもらいました。

 だから、本当に感謝しているんです。グラビアの撮影も、ファンの方との集まりも本当に楽しくて、全部良い思い出として残っているので。

通訳=武部紫

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(21枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z