文春オンライン

連載シネマチャート

友人の娘(17)が人身売買組織に拉致され…引退した伝説の暗殺者が立ち上がる 「THE KILLER/暗殺者」を採点!

シネマチャート

note

〈あらすじ〉

 ウィガン(チャン・ヒョク)は、引退した伝説の暗殺者。現在はソウルの邸宅で優雅に暮らしている。ある日、妻が友人と3週間の旅行に行くことになり、その間、友人の娘、17歳のユンジ(イ・ソヨン)の世話をするよう頼まれる。そこでユンジを迎えに行くと、彼女は女友達の家に泊まりに行くという。財布にGPSを忍ばせて送り出したが、ユンジが人身売買組織に拉致されたことが発覚。彼女を取り戻そうとするウィガンに、組織の殺し屋ユーリ(ブルース・カーン)や黒幕が襲いかかる。

〈解説〉

 伝説の暗殺者が少女を守るために戦うアクション。スタントなしで主演に臨んだチャン・ヒョクが自ら企画、監督は『剣客』でも彼と組んだチェ・ジェフン。95分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆アクションを見せたいのだろうが、話があまりにも型通り。映画とは言え、やたらと物をこわすのもスマートさに欠ける。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★☆☆☆〈ジョン・ウィック〉シリーズの模写に工夫がない。主役の体技や擬闘の振付はなかなかだが、話が野蛮で荒っぽすぎる。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆チャン・ヒョク好きには鳥肌の凄絶極悪殺戮活劇。冷たい微笑みに胸キュン。メイキング映像のスタッフの動きも必見。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★☆☆☆『オールド・ボーイ』や『アジョシ』の後追い感満載の「おじさん活劇」。15年ほど前の発想を疑問なくやっているノリ。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆韓国映画が持つアクション映画への原点回帰も匂わせ、アジアのアクション映画としても十分大満足。高校生版アジョシ?

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2022 ASCENDIO Co., Ltd. all rights reserved

INFORMATION

『THE KILLER/暗殺者』(韓)
5月26日(金)よりシネマート新宿ほか全国公開
https://klockworx-asia.com/killer/

友人の娘(17)が人身売買組織に拉致され…引退した伝説の暗殺者が立ち上がる 「THE KILLER/暗殺者」を採点!

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事