文春オンライン

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

“非吉本芸人”ぺこぱがM-1楽屋で感じたアウェイ感「隣のかまいたち濱家さんが怖くて……」

“非吉本芸人”ぺこぱがM-1楽屋で感じたアウェイ感「隣のかまいたち濱家さんが怖くて……」

漫才師・ぺこぱ インタビュー#2

2020/06/14

松陰寺 僕はけっこう早かったんですけど、シュウペイはちょっと遅かったよな。

シュウペイ いちばん最後です。

松陰寺 2時までに入らなければいけなかったんですけど、ちょっと過ぎてた。5分ぐらい。さすがです。

ADVERTISEMENT

「上沼恵美子さんには怒られるだろう」

――出番のときは、まったく緊張しなかったとのことでしたが、お客さんを目の前にしたら、頭が真っ白になったとか、そういうこともありませんでしたか。

 

松陰寺 なかったですね。僕はけっこうキャラを立たせているので、あそこで遠慮してたら終わりだと思ってましたから。M-1という神聖な場所で、化粧をして、頭を逆立てたやつが、カッコつけて自己紹介したら、なんだこいつってなるだろうなとは思っていました。上沼さんには怒られるだろうし、志らくさんも、きっと好きなタイプじゃないだろうと。でもこのスタイルで決勝まで上がってきたんで、もう、思い切りやるしかなかった。一番カッコつけてやろうと思って出ていきました。

――最初の自己紹介のとき、いつも以上に頭を激しく、長く振ってましたもんね。

松陰寺 そこまで意識していたわけではないのですが、相方に聞いたら、ちょっと多めに頭を振ってたみたいですね。

――M-1の会場にいたときは最初の頭を振っているところから大爆笑が起きていたと思っていたのですが、テレビの録画を改めて見直すと、あそこはクスクスぐらいで、またお客さんも「なんなんだ、このコンビは?」と様子を見ている感じでした。

ファーストラウンドでは一番最後の10番目にネタを披露した

松陰寺 あそこでクスクスなら100点なんです。ウケないときは誰も笑わないので。そうすると僕も乗っていけない。でも、少ないですけど、はっきりと笑ってくれてるなという雰囲気はあったので。決勝は観客席が近いので、笑い声は上げないまでもニヤニヤしているお客さんの顔がはっきり見えましたから。

――で、そのあとシュウペイさんが自己紹介をするときに松陰寺さんの前に出て、それに対し松陰寺さんが「かぶってるなら、おれが避ければいい」でドッカンときました。以降は、あの「ノリ突っ込まないツッコミ」が出るたびに爆笑の渦でした。