昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

史上最高M-1王者「なぜミルクボーイはずっと無名だったの?」本人たちに直撃――2020上半期BEST5

M-1王者ミルクボーイインタビュー#1

2020/08/09

2020年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第4位は、こちら!(初公開日 2020年3月1日)。

*  *  *

「これぞ漫才っていうのを久しぶりに見せてもらった」

 2人が披露したネタ「コーンフレーク」のあと、審査員のダウンタウン松本人志はこう唸った。ナイツ塙宣之も「100点に近い99点」と手放しで褒め、ミルクボーイが叩き出した「681点」はM-1史上最高得点となった。

 全国的に無名のコンビが、かまいたち、和牛という優勝候補を鮮やかに抜き去る――“神回”と言われる2019年M-1は彼らのストーリー抜きには語れない。

 しかし、それほどの実力を持ちながら、彼らはなぜ無名だったのだろうか。本人たちに聞くM-1とそれまでのこと。(全3回の1回目/#2#3へ)

◆◆◆

――M-1優勝からだいぶ経ちましたが、もう、落ち着かれましたか。

内海崇 でも、まだ毎日「やったー!」とは言うてますね。

駒場孝 まだ新鮮にうれしいです。

内海 まだ、もっと、みんな喜び合いましょうよ、と。

駒場 もっとM-1のこと、話しましょうよ、って。

2019年M-1王者ミルクボーイの駒場孝さん(左、ボケ担当)と内海崇さん(ツッコミ担当)。内海さんの左手は角刈りポーズ

「デビュー当時はM-1の1回戦で落ちとった」

――でしたら、さっそくうかがいたいのですが、昨年のM-1は、予選からずっと1位通過で優勝まで駆け上がりました。どの会場でも大爆笑をさらっての完全優勝です。でも、いろんな方にうかがうと、決勝を間近に控えていた時期でも、劇場などではけっこうスベることもあったとか。それが信じられないのですが。

内海 そうですね。けっこう、スベってましたよ。でも、おもろないこと言ってスベってるわけじゃなくて。

駒場 そうそう。おもろいけどスベってたという。わかります? その感じ。

内海 昔から、そうですよ。僕らはずっと同じようなネタをやってきたんです。やってること、変わってないんで。

大阪芸術大学落語研究会で出会った2人

――学生時代から、漫才の形自体は変わってないとうかがいました。つまり、M-1決勝で披露した「コーンフレーク」のように、駒場さんのヒントを頼りに、内海さんが「コーンフレークやないかい」という肯定と、「コーンフレークちゃうやないか」という否定を繰り返すという。