昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

9位 吉永小百合(76) 「日本の最後の大女優」

9位 吉永小百合 ©文藝春秋

 往年のファンから熱い支持を受け、昨年20位から9位に上昇したのが吉永小百合。演技だけではなく平和活動や生き方にも絶賛の声が寄せられました。今年5月に公開された映画『いのちの停車場』では2年ぶりに主演を務めています。

「これだけ何十年も変わらず、そして主役を続けられる女優など今までだれもいない。お姿を拝見するだけで癒される」(54・男性)

「『いのちの停車場』を観て、改めて存在自体に感動。日本の最後の大女優の名にふさわしいのは彼女しかいない」(55・男性)

「子供の頃から変わらないと錯覚するくらい、落ち着いた佇まい、所作が美しい。朗読を通しての平和活動も長く続けておられ、続けていかなければ大変なことになると最近痛感しています」(61・男性)

「年を重ねてもかわらぬ美しさと、出演作品への愛情を感じるプロモーション活動はさすがだなと思います」(54・女性)

「『いのちの停車場』の名演技に感動したから」(68・男性)

「人間としても尊敬できる女優さん。人前では言えないけれど、あのように年を取っていくことがひそかな目標です」(52・女性)

「芝居もそうだが若手の手本になる様な仕事に対する姿勢が素晴らしいと思う」(37・男性)

8位 有村架純(28) 「『あまちゃん』の朝ドラで一目惚れ」

8位 有村架純 ©文藝春秋

 昨年の圏外から一気にベスト10入りした有村架純。2021年は菅田将暉と共演した『花束みたいな恋をした』が話題になりました。4月と6月には『るろうに剣心 最終章The Final/The Beginning』が公開され、8月6日には『太陽の子』の公開も控えています。

「『花束みたいな恋をした』で初めてしっかり観た人なので、こんなに演技が上手いと思ってなかったからびっくりしました。それから一番好きな女優さん」(60・女性)

「『コントが始まる』を見て、より好きになりました! 酔っ払いの演技から号泣の演技まで素晴らしいと思います」(28・女性)

「『中学聖日記』を見てから一目を置いてます。これからは大人の女優さんとしてどうなっていくのか見守ります」(62・女性)

「『コントが始まる』の有村さんはよかった。彼女らしくない役だったように思うけど、この路線の役をもっと見てみたい」(42・女性)

「『あまちゃん』の80年代ルック。『ひよっこ』のホンワカした演技。『コントが始まる』の屈折した役柄。とにかく彼女は見てるだけで、癒されます」(56・男性)

「プレッシャーが大きいであろう『るろうに剣心』の巴を見事に演じていた」(37・男性)

z