昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

進化する藤井聡太 プロも驚愕する変幻自在ぶりは、「孫子の兵法」そのものだった

通常棋士は、攻めか守りかどちらかに棋風がかたよるが…

2022/01/22

金を動かすことなく指し進めたのにはたまげた

「相掛かりでは部分的に出る手。やってみようと思いました」と1日目を終えた後に藤井は語った。以前から考えていた手だが、普通の手だったからこそ、すぐに指したのだろう。

 とはいえ、私自身は8六歩そのものにはそれほど驚かなかった。以前、「将棋世界」の付録で取材したとき、若手棋士が「8七金型が優秀」と口を揃えて答えていたので、その形にするつもりなのかと思っていたからだ。石田によると、佐々木勇気七段もさして驚いてはいなかったそうだ。

 ところが、金を動かすことなく指し進めたのにはたまげた。

 渡辺名人もブログで「新時代の手という感じで1日目の昼から大長考を余儀なくされました。91分考えて先手の構想は▲8七金だと思っていたら、全然違いましたし」と素直に驚きを語っている。

 まさに知りがたきこと陰のごとく。

王将戦七番勝負第1局より(提供:日本将棋連盟)

 この後は大熱戦になった。藤井が自陣角を打ったのを見て、金を斜めに前進させて中央を制し、守ることなく攻め合う。

 そして、双方1分将棋で20手以上指し進め、大詰めの130手目、渡辺が角を成った。次に銀を取れば藤井玉は詰む。この将棋での初めての「詰めろ」だ。普通ならば玉を逃げるところだが、ここで藤井は桂を跳ねた、あらゆる困難を乗り越えてきた「藤井の桂」だ。玉が逃げれば、そこで藤井も玉を逃げ、寄せ合いで1手勝ち。渡辺はこの桂を取ったが、藤井は鮮やかに詰まし上げた。投了以下は、渡辺玉は5五で桂打ちまでの都詰め(5五のマス目で詰むこと)。なんて美しい詰みだろうか。

動如雷霆(動くこと雷霆のごとし)――棋聖戦第1局

「動くこと雷霆のごとし」とは、「兵を動かすときには、雷のように激しく」という意味だ。

 雷と同じく攻めるのはエネルギーを使う。また相手に駒を渡すため、リスクも高い。しかし、藤井はリスクを恐れない。

 藤井の「雷」といえば、タイトル戦デビューとなった2020年6月の渡辺との棋聖戦第1局が思い浮かぶ。終盤藤井は猛攻し、渡辺陣に雷を落とし続けた。しかし、渡辺も反撃し、銀で桂を取る。誰しもがすぐに銀を取り返すと思った局面で、藤井はさらなる雷を落とした。

 ▲1三角成の王手だ。ここで王手するなど考えられない。控室ではどよめきがおきた。しかし、これこそが応手を見てから銀を取る駒を変えるという、詰将棋の「打診の王手」を応用した絶妙手だった。最後は自玉の不詰みを読み切って勝利。四冠ロードへの第一歩となった。

 王位戦第4局の猛攻、叡王戦第5局の金の進軍と飛車切り、竜王戦第4局の自陣を顧みずに玉のコビンへの強打。佐藤康光九段の丸太攻めに匹敵する攻めだ。

藤井にとって初めてタイトル戦でのフルセットマッチとなった叡王戦第5局 写真提供:日本将棋連盟

このまま終わるとは、とても思えない

 AIの評価値だけを見ていても、藤井が勝つ理由はわからない。

 自由自在にギアを入れ、ときには風となり、林、火、山、陰、そして雷となり、変幻自在攻めも受けもオールラウンダーの指し回し。陰のごとく思考が読めず、だからこそトップ棋士がミスするのだ。

 ただ、渡辺にしてみれば内容では負けていないという自負はあるだろう。この将棋も▲8六歩で時間を削られたものの、中盤はペースを握り、勝機はあった。

 これまで2度行われた棋聖戦五番勝負ではトータルで渡辺側の1勝6敗だが、中盤で悪くしたのは最初の対戦の2局だけだ。「冬将軍」とも呼ばれる渡辺がこのまま終わるとは、とても思えない。

この記事の写真(8枚)

+全表示

この記事を応援したい方は上の駒をクリック 。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春将棋をフォロー
z