昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ豊島将之は藤井聡太に6連勝したのか?【流れゆく水のように 豊島将之竜王・叡王インタビュー 第1章】

source : 提携メディア

genre : ライフ, 娯楽

なぜ豊島将之は藤井聡太に6連勝したのか?【流れゆく水のように 豊島将之竜王・叡王インタビュー 第1章】

 4歳の頃から将棋を始め、史上初の小学生プロ棋士の期待すらかかり、令和初の竜王名人となった、平成生まれ初のプロ棋士・豊島将之竜王(叡王)へのインタビュー企画が実現。

 聞き手を務めるのは、『りゅうおうのおしごと! 』作者である白鳥士郎氏。全3章に渡る超ロングインタビューをお届けしていく。

第2章 最強の棋士像

第3章 そして、叡王へ……

※取材は、緊急事態宣言の発出前に、感染対策を行ったうえで実施いたしました。


取材・文/白鳥士郎
撮影/諏訪景子

 豊島将之。
 将棋界最高位タイトルである竜王。そしてドワンゴが主催した最後の叡王を獲得した、現代最強の棋士の一人

 将棋界で今、最も勢いがあるのは、藤井聡太二冠だろう。
 ありとあらゆる記録を更新し続ける天才は、将棋界という枠を超えた有名人でもある。

 豊島は、その藤井聡太に6連勝した。デビュー戦から29連勝したことで知られる藤井は、デビューしてから豊島に6連敗していたのだ。
 現在、藤井に2勝以上で勝ち越している棋士は、豊島を含め5名しかいない。そのうち4人は1勝差であり、6勝1敗という圧倒的な戦績を残しているのは豊島だけだ。
 しかし、豊島と藤井のレーティング(実力を数値化したもの)は拮抗している。数値上、ここまで対戦成績に差が出ることは考えづらいのだが……。
 
 その理由の一端を今回、豊島自身の口から聞くことができた。

 あまりにも長くなってしまったので3章構成にした超ロングインタビューの第1章は、誰もが気になるこの話題からにしよう。


 なぜ……豊島将之は藤井聡太に6連勝したのか?

 

電王戦の時は『ソフトに負けてしまうと、この後どうなってしまうんだろう?』という不安があった

──本日はお忙しい中、インタビューを受けていただきありがとうございます。最初にコンセプトを説明させていただきます。

「あ……はい」

──豊島先生が、ドワンゴ主催の最後となる叡王戦でタイトルを獲得なさったこと。そして電王戦でAIと戦ったことがきっかけでご自身が大きく変わられたと語っておられること。主にその二つから、豊島先生を通して、ドワンゴが将棋界に与えた変化というものを探っていくような記事にできたらなと考えておりまして。