昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 娯楽

なぜ豊島将之は藤井聡太に6連勝したのか?【流れゆく水のように 豊島将之竜王・叡王インタビュー 第1章】

「ああ……そうですね」

──その対局……の、翌朝の朝食会場で、豊島先生が一人で座ってスマホを見ながらご飯食べてるのを、私は偶然すぐ後ろの席に座って見てて(笑)。

「ふふふ」

──でもその頃は、ちょっと声をかけづらかったというか……。

「そうでしたか?」

──インタビューを拝見すると、2012年から13年の頃は、伸び悩んでおられたとあります。それで、その……思い詰めるような感じだったんでしょうか?

「それは……もうちょっと後のことですかね。まあでもその頃も、何となく危機感はあったんですけど」

 

「自分の中では、あんまり上手くいっていないなという感じはありましたけど、同年代の中からタイトルを獲得するような人たちが出るのは、多分もう少し先のことになるので」

「まあでも、ちょっと焦りみたいなものはありましたけど」

──その頃は、名人戦は羽生森内(森内俊之九段)ばかり。将棋でも矢倉が主流で、しかもその矢倉も4六銀3七桂型ばかりで。

「はい」

──トップが固定され、一つの将棋が掘り下げられていた時代。戦法的な閉塞感のようなものはあったんですかね?

「あー……そうですね。横歩取りやゴキゲン中飛車も、だんだん厳しくなってきていて」

「2手目に8四歩を突けば、いろんな戦法になるんですけど……でもそうすると、羽生先生の世代の方々が、すごく研究してきた形の中で戦うことになるので……」

──相手の土俵で戦わざるを得ない?

「大変だな、というような感じはありましたよね……」

──少し話が飛ぶんですけど……リアル車将棋ってありましたね?

「ありましたね(笑)」

──いろいろなお仕事を断っておられた中で、どうしてあの企画に? やっぱり(愛知県に本社がある)トヨタ関連の仕事だから?

「あ、いや(笑)。まあ、あれは対局なので」

──あ、そうか。対局でしたね(笑)。

羽生先生と指せるんだったら、当然……

──受ける一手だと。ご出演なさって、いかがでしたか?