昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

野菜や草が釣りエサになる!? 実は大物まで釣れる“意外すぎるエサ”4選

 以前、スーパーに売っている「シーフードミックス」「サクラエビ」「イカ」などの食材でも魚が釣れることを紹介したように、視点を変えると釣り餌になり得るものは意外と身近なところにある。特に現地調達したものは、もっとも確度の高い餌といっても過言ではない。

 また、刺し餌への添加物の進化によって、何の変哲もない野菜が釣り餌になることもある。今回は、変わった餌で釣れた意外な生物を紹介していきたい。

冷凍アミエビに混入する「謎の生物」

 サビキ釣りのコマセとして使用する冷凍アミエビ。しかし、釣具屋で売っているアミエビの内容物は「アミエビ」だけではない。解凍して使用していると、カゴに異物が混入していたことはないだろうか。

明らかにアミエビではない謎の生き物

 これらはアミエビに混入してしまった魚である。中国産の冷凍アミエビに見られ、コマセカゴが詰まる原因になるので厄介な存在だ。しかし、チリメンジャコにも「チリメンモンスター」と呼ばれるフグや甲殻類が混入する。「アミエビモンスター」もよく見ると可愛いではないか……。

チリメンモンスター

 不本意に漁獲され、餌にもなれなかった魚たちを救いたい……。ブロックからかき集めて、これらのモンスターたちで魚が釣れるか検証してみた。