昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

2020/04/12

「和牛さんのあとは絶対に嫌でしたね」

青空 僕らも見てないです。トイレに行ってたんで。笑神籤が終わるたんびにトイレに行ってました。ちょっと、舞台裏には居られないです。違うところで、ちょっと落ち着きたかったんで。

ツッコミの杉本青空(そら)

伊織 僕もです。クジで呼ばれなかったら、トイレ。呼ばれなかったら、トイレって……ずっとトイレです。

――ネタ合わせもせずに?

青空 本番が始まってからは、やりませんでしたね。

――クジが引かれるときは、その度に、心の準備はしていましたか。

青空 来るかな、みたいな。

ボケの伊織(いおり)。190cmの高身長だ

伊織 ただ、和牛さんの後は絶対嫌でしたね。正直、この流れで来たら、絶対にやばいって思ってたんで。

――結果的には和牛の後にすゑひろがりずを挟んで、からし蓮根でした。

青空 笑神籤にほんまに僕らの名前、入っとるやんみたいな。

――どこか現実的じゃないというか。

青空 地に足がついてなかったんでしょうね。

伊織 怖過ぎました。

――名前を呼ばれてからも、ネタまでは登場VTRなどが流れるので、けっこう時間があります。そのときは互いに何か声を掛け合ったりしたのでしょうか。