昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載サウナ人生、波乱万蒸。

2020/10/11

赤字続きの店を救った“起死回生の大発明”600円サウナ

「ここ梅田店は、元々ニチイさんというスーパーと一緒に開発した店なんですよ。ところがうまくいかなくて。結局うちが引き取って、単独でやることになったんですよね。でもこっち(梅田)のお客さんと、本店(道頓堀)のお客さんと全く質が違うんですよ。

 道頓堀は商売人が多かったんですよね。こっちはサラリーマン。うちはよそ様よりも客単価も料金設定もすごく高い。普通のサウナ店の客単価よりも倍くらいいってたのかな。

 だからサラリーマンがメインの梅田店は、客が全然入らなかった。その時は、梅田店のスタッフも減らして、人件費を圧倒的に切り詰めて。梅田の人件費率と本社の人件費率でいったら、全然もう倍以上違ったんじゃないかな。

 そしたらある時、当時の役員がですね、600円サウナという破格値段での時間制を提案したんですよ。それまで時間制サウナってなかったんです。1回入場料払ったら、あとはずっといてもいいシステムで。それで藁にもすがる思いで、『50分・600円制』を導入したら、これが大ヒットですわ。テレビでも宣伝して。今でこそ人が多いけどね、昔は梅田店はほんとに人が少なくて、ずっと赤字やった。600円サウナを導入して稼働率を上げて、黒字になっていった」

 時間制サウナ。今ではどの店も、そして多くの業態が導入しているビジネスメソッドだが、当時は相当、画期的な発明だったに違いない。サウナ業界で数々の革新的な発明をしてきたニュージャパンには更に、今や誰でも知っている大発明があった。

#2へ続く)

INFORMATION

ニュージャパン梅田店
住所 大阪府大阪市北区堂山町9-5
電話 サウナ06-6312-0610、宿泊06-6314-2100
料金 1時間1,300円、3時間1,700円、12時間2,100円(23:00~5:00はプラス600円)
男性専用
※営業時間などの最新情報は公式HPをご確認ください。
https://www.umedasauna-newjapan.jp/

この記事の写真(25枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー