昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

15位 幻想水滸伝

幻想水滸伝

「全員集めるためにどれほどがんばったか。ほんとに時間がかかったが達成感もあった」(女性・60)

「どのキャラを仲間にして、鍛冶屋につぎ込んで、どの組み合わせにするか。それだけでも面白いのに、キャラごとのイベントがとにかくよくて、PSよ、これがRPGだの触れ込みは間違っていない」(女性・40)

「水滸伝に着想を得つつも、独自のファンタジーワールドを形成しており、ストーリーおよび世界観の和洋折衷のハイブリッドぶりが画期的だった。音楽をワルシャワフィルハーモニーが担当しており、重厚この上ないゲームサウンドもたぶん走りだったような」(男性・44)

「幻想水滸伝2。108人もの個性的な主人公が出てきてその大半をパーティに入れることができる。ストーリーが泣ける。サブストーリーも充実している」(男性・44)

14位 モンスターハンター

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」

「『ひと狩り行こうぜ』って言葉が浸透してる」(男性・48)

「狩りの方法を考えながら試行錯誤していくのが楽しかった」(男性・45)

「モンスターハンターワールド。新しいモンスターハンターを楽しめたから」(男性・23)

「モンスターハンターワールド:アイスボーン。自分の一番好きなゲームシリーズの最高傑作だと思う」(男性・23)

13位 桃太郎電鉄

桃太郎電鉄最新作「桃太郎電鉄 昭和 平成 令和も定番!」はダウンロードをあわせて累計販売本数250万本を達成

「職場のみんなと昔よく遊んだので思い出に残っている」(男性・49)

「学生の時徹夜でやったくらい好き」(女性・43)

「鉄道に興味がない私でも楽しく遊ぶことが出来たので」(女性・28)

「ボンビーに会いたい」(男性・59)

「桃太郎電鉄7。昔、友達同士で熱中した。懐かしい一品」(男性・43)

11位 グランツーリスモ

「グランツーリスモ7」アナウンストレーラー

「当時のCGは本物に近かった(今から考えるとちゃちいのだが)からすごく運転している感覚に襲われた」(男性・47)

「オンラインでもオフラインでも、末永く遊べる。車とコースのグラフィックがすごい!」(男性・47)

「ゲーム内で実在するスポーツカーのリアルな動きを体験できる画期的な作品でした。当時、憧れていたが高価で手の届かないスポーツカーを片っ端から試す事ができて楽しかった」(男性・50)

「ドライビングシミュレータとしてピカイチ」(女性・53)

11位 パラッパラッパー

「パラッパラッパー」ローンチトレーラー

「シューティングとかアクションとか苦手なのですが、音楽に合わせてボタンを押すだけでプレイができて楽しかった。ロドニーのキャラも魅力的。グッズが欲しくなっちゃう感じ」(男性・47)

「音ゲーの面白さを体感した名作だと思います」(男性・41)

「ヒップホップ初心者でも指一つで覚えられた」(男性・44)

「子供にもできるし楽しかった。レベルも選べて楽しい音楽でノリノリでやっていた」(女性・36)

「ゲームの内容が当時は斬新で衝撃的で面白かった」(男性・48)

©文藝春秋

関連記事