昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ファイナルファンタジーVIII

「ファイナルファンタジーVIII。Ⅶより更にキレイなグラフィックスやシーンが印象的でした。ゲームをプレイしながら1本の映画を見ているような、そんな感覚でした。主題歌もヒットした事も印象に残っています」(女性・39)

「FF8。主人公たちは戦ったりしているけど、すごく青春ドラマな面もあって、主人公だけでなく登場人物たちがストーリーが進んでいくと成長というか変化していくのが面白かった」(女性・35)

「ファイナルファンタジーVIII。その当時は映像が綺麗でキャラクターもカッコよくテーマ曲にもこだわっていてストーリー性をとにかく楽しめた」(女性・36)

ファイナルファンタジーIX

「ファイナルファンタジーIX。主人公が明るいだけに切ないストーリー展開が泣ける。ゲーム初心者でも比較的簡単にクリアできるのも○」(女性・29)

ファイナルファンタジーX

「FFX。キャラクターに声がつき、話しているかのような世界を味わえたこと。映像もとても美しかった。音楽も素晴らしく、永遠に記憶に残る物語です。リメイクされても、心情的には思い出としてとっておきたい」(女性・55)

「ファイナルファンタジーX。ハッピーエンドとは言えませんが、爽やかな終わり方でした。歌も良かったなあ。途中涙しながらプレイしていました」(女性・50)

「FF10。ラストがあれだと泣けるよね」(男性・40)

「FF10。明け方の4時までおきてクリアしましたよ。当時あったヤフーチャットのゲームカテゴリの人にたすけてもらいながら。なにもかも懐かしい。クリアしたのをビデオ録画して友人のお子さんにあげてクリアに役立ってもらいました」(男性・39)

「ファイナルファンタジーX。ストーリーが秀逸だった」(男性・32)

「FF10。泣けた。ストーリーが大好きだし、バトルシステムも秀逸」(女性・43)

ファイナルファンタジーX-2

X・X-2への票も多く集まった(画像はPS4版「ファイナルファンタジー X|X-2 HD Remaster」)

「ファイナルファンタジーX-2。Xから引き継ぐストーリー。バトル形式が時間制だったのでスリルがあった。挿入歌が倖田來未でなかなか名曲」(男性・55)

「ファイナルファンタジーX-2。倖田來未さんの音楽とゲーム感がマッチしてる」(男性・47)

そのほか

「ファイナルファンタジーV。エクスデスの部下のギルガメッシュが主役を喰う程の名敵役でした」(男性・40)

「ファイナルファンタジーリメイク。とにかく映像が美しかった」(女性・39)

「ファイナルファンタジーXⅡ。ガンビットシステムが新鮮だった。イケメンのバルフレアが結局カッコよく色々『持って行ってしまう』のがアレでした」(男性・55)

「ファイナルファンタジーXIV。FFでこれが最高傑作」(男性・38)

©文藝春秋

この記事の写真(23枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事