昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載サウナ人生、波乱万蒸。

リサイクルショップを営んでいた夫妻が突如銭湯を継ぐことに……サウナーの“東の聖地”錦糸町「風呂の家の話」

錦糸町・黄金湯 #1

2021/04/03

 サウナタウン、錦糸町。駅周辺に4軒の施設がひしめきあうこの歓楽街はサウナーにはよく知られた東の聖地である。

 錦糸公園で遊ぶ親子連れを横目に、ショッピングモールオリナスを通過し、北上すること数分。スカイツリーが少しずつ近くなってきた頃、目に入ってくる小さな看板。

 
 

 錦糸町・黄金湯。

 看板はまぎれもなく銭湯だが、木の風合いを生かしたおしゃれな外観に、一瞬若者が集うカフェかと見紛う。

期待に胸を膨らませて浴室へ

 中に入ればバーカウンターのようなロの字型の番台がお出迎え。反対側には昔のままの下足箱がきれいに手入れをされ佇んでいる。

 
クラフトビールサーバー
 

 下足の木札の裏面には、この施設の改修をクラウドファンディングで支援した人や団体の名前が。くじ引きみたいでなんか楽しい。

 
 
 

 期待に胸を膨らませて浴室に入る。新築感はあれど、極めてオーソドックスな作りの昔ながらの小さな銭湯。体を洗い浴槽に浸かってほっと一息。視線を上げるとそこには、ペンキ画ではなく、ほしよりこの手による壁画の絵巻物が。

楽しげなのれん
 
 
 
ほしよりこによる壁画
ととのいゾーンへの入口

 浴室奥の通路を通るとそこはサウナゾーン。小さいながらもオートロウリュのあるサウナ室に、地下水の水風呂。その横の外気浴スペースで空を見上げれば、にょきっとそびえる煙突が顔を出す。ああ、風が気持ち良い…。