昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/24

「よろしくお願いします」の多用は思わぬトラブルに

 

「よろしくお願いします」は、ビジネスシーンの中でもっともよく使われている言葉のひとつ。これがよけいなひと言だと言われたら、「明日からいったいなんて言えばいいの?」と思われるかもしれませんが、その心配はいりません。気をつけてほしいのは「使い方」で、使うことがダメなわけではありません。ただ、便利だからと無意識に「よろしくお願いします」を多用していると、思わぬトラブルにつながることもあります。

 以前、次のようなケースがありました。仕事の依頼に関する長くてわかりにくいメールの最後に、「以上、よろしくお願いいたします」と書かれていたことに腹が立ったことがあるというのです。聞けば、「わけのわからん仕事を丸投げしといて、何がよろしくだと思った」とのこと。その人の話を聞いた周りの人も、多くの方が同意されていました。きっと同じような経験があるのでしょう。

 この場合は、「この資料の作成を、よろしくお願いいたします」というように、「お願いしたい用件は何か」をわかりやすく伝える必要があります。

 また、何かをお願いされて断ったにもかかわらず、「引き続きよろしくお願いします」と言われることに抵抗を感じる人もいます。このように、何でもかんでも最後に「よろしくお願い」していると相手を不快にさせることもあるので、使い方には充分気をつけてください。