昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

23位 木村拓哉(48)「最後のスーパースター」

23位 木村拓哉 ©文藝春秋

「『武士の一分』を見て、役に徹する姿勢が、真面目で努力している姿も素敵に見えます」(64・女性)

「唯一無二な存在。最後のスーパースター。芝居も本人の中身も好きです」(27・女性)

「イケメンさと演技力に同性ながらも羨望の眼差しを送っている。一方で国民的アイドルグループのメンバーとしても活躍し、コメディも演じられる貴重な男優さんだと思います。アラフィフになってもその魅力は衰えていないと思います」(62・男)

「世間ではキムタクは何をしてもキムタクみたいな批判もありますが、ある意味それはすごいことで、彼にしか出せない色気や仕草が好きです」(53・女性)

23位 小栗旬(38)「ほんと、いい男になったなぁ」

23位 小栗旬 ©AFLO

「若々しい時の彼もエネルギッシュで素晴らしかったが、年を重ねるにつれ、いい意味で色気が出た。このまま素敵な俳優になっていってほしい」(41・男性)

「どんな役も小栗旬さんが演じると血が通った人間になり、リアルに感じる」(60・女性)

「『罪の声』の派手さはないが、説得力のある演技が素晴らしかった。ほんと、いい男になったなぁと思う」(51・男性)

「自身の向上だけではなく、若手や後輩の面倒見が良く、内面も格好いい素敵な俳優だと思います」( 32・女)

z