昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

33位 仲野太賀(28)「倒れ行くシーンは美しかった」

「とても自然な演技で『コントが始まる』での涙を流すシーンは、見ていて一緒に泣いてしまいました。これからの出演作品もとっても楽しみです!!」(37・女性)

「地味な役、嫌なやつ、いい人、凄くどこにでもいそうな役柄をうまくこなしている。脇にいても光るものがある」(56・女性)

「『いだてん』の小松勝役はよかったです。役に合わせたコミカルな仲野太賀らしい役でしたが、志ん生の落語を聞いたときの表情がとてもよかったです。そして圧巻だったのがロシア兵に撃たれたシーンです。ロバート・キャパの写真のように倒れ行くシーンは素晴らしく、美しかったです」(60・女)

33位 三浦春馬(享年30)「世界へ羽ばたくはずだった」

33位 三浦春馬 ©文藝春秋

「亡くなってしまったのは残念だが、年を重ねても純粋無垢な表情や人柄の良さなどが演技からも感じ取れた」(50・女性)

「国内俳優の頂点にあると言って過言でない、類稀な美しい容姿とそれを上回る演技・歌唱等の力量を備え、想像できないような努力を経て、今にも世界へ羽ばたくはずであった人。常に向上心にあふれ、根本にある考え方や姿勢を知るにつけ、尊敬の念が湧き上がる。アンケートでも上位に選出されれば、あの笑顔で、いつもの謙虚な姿勢で『いつも気にかけてくださる皆様のおかげ』『家族とスタッフのおかげ』と真摯に健気に心からの想いでコメントしてくれるのではないだろうか」(50・女)

「彼の作品を観た後は、春馬ではなく『広斗』『ローラ』『風早くん』などと役名で彼を呼ぶようになる。そんな俳優は他に知らない」(59・女)

32位 横浜流星(24)「極真空手を極めて得た『それ』」

「二枚目すぎて、忘れられがちですが、繊細な表情のできる若手の一人だと思います。とびぬけた身体能力も素晴らしいです」(41・女性)

「男前でかっこよくて、ピンクなどの派手な髪型も似合っていると思います。それでいて謙虚であり、また平野紫耀君といった仲良しの共演者とのエピソードがとっても面白いです」(24・女)

「今はまだまだ実力的には途上ながらも、独特の品と言うか、真面目さと言うか、1本強い芯を持つというか……。極真空手を極めて得たものなのかもしれない『それ』に、未知の可能性を期待しています」(40・女)

z