昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

47位 香川照之(55)「脇で物語のグレードを爆アゲ」

47位 香川照之 ©文藝春秋

「演技の上手さに加え、豊富ないろんなことに対する知識や興味の深さが人としてすごい」(42・男性)

「映画の『ゆれる』を観た時に上手い俳優さんだなぁと思っていたら、あれよあれよと言う間に名俳優に。演じながら“遊び”を入れられるのが、余裕しゃくしゃくで良い」(46・女性)

「この人が脇に居るだけで、物語のグレードが爆アゲされる」(54・男)

46位 藤原竜也(39)「もはやブランド」

「もはや一つのブランドと化していると言ってもいいくらい魅力的な演技。彼の映画は彼の演技を観に行くようなもの」(31・男性)

「ネタになるほどに追い込まれる人間を演じているけれど、どの作品でも演技が素晴らしい」(21・女)

「学生時代に観た『デスノート』の夜神月役が本当にハマっていてファンになりました。漫画実写化で許せるのは『るろうに剣心』の佐藤健さんか藤原竜也さんくらいです」(27・女性)

45位 千葉雄大(32)「三十路を迎えても美しく可憐」

「あざとかわいいを吹っ切ってやっていて好感持てます」(53・女性)

「自然体でゆるっとしている感じが癒されます。テレビでもいつも嫌な顔一つしないし、芯はしっかりしているなと思います」(48・女性)

「クレバーで順応性が高い。三十路を迎えても美しく可憐」(54・女)

 44位 佐藤浩市(60)「重鎮ながらアウトロー的雰囲気」

「父は俳優の三國連太郎。父に負けないくらいの個性的な演技が大好きです」(63・男性)

「真面目に芝居に取り組み、重鎮の地位にいながら、反権力的、アウトロー的な雰囲気を漂わせているのが、自分にとっては頼もしい。話も面白く、多くの名優や名監督との交流経験があるので、その歴史の語り部としても貴重な存在だ」(60・男)

「10代の頃からのファンです。長きに渡るファン過ぎて、好きな理由などもはや不明(笑)。20代は青臭い色気。3、40代は艶やかな色気。そして今も漂う色気。これからも色気でしょう!」(54・女)

z