昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

31位 山﨑賢人(26)「男っぷりが増してかっこいい!」

「顔の美しさだけで劇場に足を運ぶ価値あり。喋ると飾らない感じが好感を持てる」(33・男性)

「『キングダム』のようにアクションもこなし、一方で『orange』のような繊細な役も演じていて幅広い役を演じられている。どの役も精一杯挑んでいるのが伝わり、作品を観ていて引き込まれる。普段は天然な一面もあって魅力的だから」(17・女性)

「最近、男っぷりが増してかっこいい!」(55・女)

30位 松重豊(58)「コワモテなのに可愛いおじさん」

30位 松重豊 ©文藝春秋

「コメディ、シリアスどちらもイケる絶妙な存在感。コワモテなのに可愛いおじさんにもなるところ」(45・女性)

「NHKの『今ここにある危機とぼくの好感度について』最終回の長セリフに感動しました」(52・女性)

「『孤独のグルメ』で心象の独白と実際のセリフで、棒読みと抑揚ある喋り方を使い分ける。この人の実力がよくわかる」(58・男性)

29位 星野源(40)「新垣さんも良い伴侶を見つけましたね」

29位 星野源 ©文藝春秋

「ミュージシャンですが、俳優としても独特な雰囲気がいいです。なんたって奥様がガッキーなのは素敵すぎ!」(29・女性)

「今までの役を一列に並べてみても、容姿から雰囲気までまるで別人。特に『MIU404』から『逃げ恥SP』の振り幅には驚愕した。繊細な目の演技が印象的」(51・女性)

「人の良さそうな役柄も、ご本人の人柄から滲み出てくるものと思います。優しそうで、新垣さんも良い伴侶を見つけましたね」(66・男性)

z