昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

36位 内野聖陽(52)「気の弱そうな父親を好演」

36位 内野聖陽 ©文藝春秋

「若いころは色気とみずみずしさあふれる人。今はそこに大人の深みが加わって、どんな役でも彼が演じれば魅力的になると思うから」(56・女性)

「武骨で男っぽいイメージ強かったが、『きのう何食べた?』や朝ドラのお父さん役などやわらかく細やかな演技も非常に上手く引き込まれる」(57・女性)

「朝ドラ『おかえりモネ』の父親役に好感。硬軟どちらでもこなす演技派だが、今回は気の弱そうな父親をコミカルに好演している」(72・男)

36位 オダギリジョー(45)「画面の存在感がすごい」

「雰囲気があって画面にいるだけで存在感がすごい」(35・女性)

「『大豆田とわ子と三人の元夫』で久々に見たが、色気がすごい。登場することでその場の空気が変わる人」(50・女性)

「とぼけた感じの役が多いようですが、どんな役も見事にこなす演技力は、天性のものとしか思えない」(66・男)

35位 井浦新(46)「女性の役がキュート」

「影のあるクールな方かと思っていたらドラマ『あのときキスしておけば』で見せた女性の役がキュート。素晴らしい役者さんだと思いました」(52・女性)

「『あのときキスしておけば』で、女性の魂が憑依した役を演じていたが、圧巻だった。クールで芸術家肌というイメージを勝手に持っていたが、撮影現場を趣味のカメラで盛り上げるなど、細やかな心配りも素晴らしい懐の深い俳優であることに驚いた」(49・女)

「難役も視聴者をうならす演技力を見せてくれる。SNSでの発信の仕方も素晴らしい」(50・女)

z