昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/02

genre : ライフ, グルメ,

9位 清次郎 (岩手)

 リアス式海岸も美しい三陸で水揚げされた海の幸を味わえる、岩手の「清次郎」。

 岩手を中心に東北で展開するグルメ回転寿司だ。

「回転鮨 清次郎」盛岡津志田本店

 1999年、盛岡に1号店がオープンした「清次郎」。その母体は1876年に創業した老舗の鮮魚店である「田清」で、三陸産はもちろん、上質で新鮮な食材の数々を味わえる。

オーソドックスなスタイルを持つ清次郎

 清次郎は特急レーンなどはないスタイル。ゆったりとした空間と相まって落ち着いて味わうことができる。

 ローカル色豊かな清次郎のおすすめメニュー  

 本日のおすすめメニューに圧倒される。まさにローカルなグルメ回転寿司といったラインナップだ。ここはやはり、三陸産のネタを食べてみたいところ。

〈推しネタ〉他の回転寿司ではほぼ見ない!「釣どんこ 肝味噌添え」

肝が絶品! 岩手の名物が味わえる「釣どんこ 肝味噌添え」(税別250円)

 岩手では「どんこ汁」などで知られるお馴染みの地魚で、正式名はエゾイソアイナメ。他の回転寿司ではほとんど見かけない魚だ。

 淡泊であっさりとした味と、弾力性のある噛み応えが印象的。そして何よりトッピングされたどんこの肝味噌。これが絶品で、淡泊な身に旨味のアクセントをしっかりと残してくれる。

 岩手の名物をこんなにカジュアルに楽しめるのは、岩手のグルメ回転寿司「清次郎」ならではだろう。