昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載日の丸女子バレー 東洋の魔女から眞鍋ジャパンまで

2021/12/11

「たとえ私の指がどうなっていようと、私はコートに立ちますからね」

 ビリッと痺れるような痛みが、竹下の全身を走る。

「あ、やっちゃったな……」

 竹下は、ボールを打ったコーチに気づかれないようそっとコートを抜けた。痛そうな顔をしてしまうと、そのコーチに気を遣わせてしまうという配慮からだ。

 しかし竹下は、これまでの練習で一度も自ら練習を抜け出したことがなかった。その異変を察知し、駆け足で近づいてきた若宮啓司トレーナーに、竹下は「突き指かも知れない」と報告する。

 若宮から異変を告げられた眞鍋は、誰もいない部屋に竹下を呼び出し、病院に行くよう命じた。

指を負傷していた竹下佳江選手 ©文藝春秋

 竹下は激しく抵抗した。

「病院に行っても、私はコートに立つことには変わりないんだから、行ってもしょうがないじゃないですか」

「ダメだ、行って来い」

「イヤ、行きません」

 2人が押し問答をしているところに、若宮トレーナー、チームドクターの藤田耕司も加わり、竹下を説得する。

「やるにしても、怪我の状態がはっきり分かった方が対処のしようがある」

 竹下はしぶしぶ納得したものの、藤田に付き添われて病院に向かう直前、眞鍋に断固たる台詞を吐くことも忘れなかった。

「たとえ私の指がどうなっていようと、私はコートに立ちますからね」

 竹下はこのときの様子を後にこう言った。

「自分でも、尋常じゃない痛みから、指が普通じゃないということはうすうす分かっていました。でも、この期(ご)に及んでコートに立てないなんて、私の発想にはなかった。痛みなんて我慢出来るし……」

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー