昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載日の丸女子バレー 東洋の魔女から眞鍋ジャパンまで

「お母さん、もう1人女の子を産んでくれないかな」強引すぎた日本女子バレーの“引き抜き工作”

日の丸女子バレー #16

2022/02/05

source : 文藝春秋

genre : スポーツ

 2012年のロンドン五輪で銅メダルに輝いた女子バレーボール日本代表。その監督を務めた眞鍋政義氏(58)が、2016年以来、5年ぶりに日本代表監督に復帰することが決まった。2012年10月22日、眞鍋氏はオンライン会見でこう述べた。

「東京オリンピックで10位という成績にかなりの危機感を抱いている。もし(2024年の)パリ大会に出場できなかったら、バレーボールがマイナーなスポーツになる“緊急事態”であるということで手を挙げさせていただいた」

 女子バレーは2021年の東京五輪で、“初の五輪女性監督”中田久美氏(56)が指揮を執ったが、結果は25年ぶりの予選ラウンド敗退。1勝4敗で全12チーム中、10位に終わった。

 正式種目となった1964年の東京五輪で、記念すべき最初の金メダルに輝き、「東洋の魔女」と呼ばれた日本女子バレー。だが、その道のりは平坦ではなかった。半世紀に及ぶ女子バレーの激闘の歴史を、歴代選手や監督の肉声をもとに描いたスポーツノンフィクション『日の丸女子バレー』(吉井妙子著・2013年刊)を順次公開する。(全44回の16回。肩書、年齢等は発売当時のまま)

◆◆◆

「シゲの野郎に持っていかれた」

 ミュンヘン五輪で“屈辱の銀メダル”に終わった小島に代わり、次期モントリオール五輪の監督に再び名乗りを上げたのが、日立の山田だった。

 メキシコ五輪で、ギビ監督と自分との力量の差を思い知った山田は、まずは自チームの日立を世界一のチームにしようと考えた。その手段の一つが選手のスカウトである。陰では、日立は札束で選手をかき集めているとささやかれた。

メキシコ五輪から4年、ふたたび代表監督に名乗りを上げた山田重雄氏 ©文藝春秋

 小島も苦い顔で言ったものだ。

「うちからも6人、シゲの野郎に持っていかれた」

 山田の選手引き抜きの真骨頂は、ソ連のリスカルにも匹敵するとされた大型エースアタッカーの白井貴子である。

 白井が山田に初めて会ったのは、倉紡に属していた18歳のときである。

「『君、妹さんいるの』と聞かれ『いない』と答えると『お母さん、もう1人女の子を産んでくれないかな』と言うんです。このオヤジ、何言ってんの……と思ったけど」

 山田はメキシコ五輪など海外の強豪国と闘ううちに、身体の差はいかんともしがたく、日本国内から高身長の選手をスカウトし、練習によって鍛え上げようと考えていたのだ。

 ミュンヘン五輪で銀に終わった白井は、まだ20歳だったものの、これ以上、日本のプレイスタイルである拾ってつなぐバレーは出来ないと考え、引退を決めていた。

 ところが、ミュンヘンから帰国する機中、小島から新聞を渡され、仰天した。「白井、日立に移籍」の文字が躍っていたからだ。まるで自分には心当たりがなかった。