昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

子どもは「連れ子」だと主張。さらに華原からも連絡があり…

――A子さんとの結婚は?

「何回かありましたけどね。勝手に(婚姻、離婚届を)出されたり」

――大野さんはサインしていない?

「1回も書いたことがないですから。まあ(誰でも)書けるじゃないですか」

――DVをしたことは?

「やったことないです」

――養育費は支払っていない?

「(A子の)連れ子なんでね」

――華原さんは結婚歴を知っている?

「いや、知らないですね。籍だけの問題なんで」

©共同通信社

 自分では婚姻届けにサインしたことがないし、3人の子どもを「連れ子」だと主張する大野氏。

 さらにその後、記者の携帯に華原から連絡があり、こう語った。

「(夫に)子どもは1人もいません。今まで結婚したこともありません。ど~ぞ調べてください」

 そこで事実関係を確認するべく、A子さんを直撃すると、言葉少なに「DVは事実です。子どもは大野友洋さんの子です。養育費も貰っていません」と語った。

 そして小誌の直撃の直後、大野氏は驚くべき行動に出た。

「大野さんはA子の自宅や職場を調べ上げて、急に押し掛けたのです。A子は怖くなって警察に相談に行ったそうです」(前出の知人)

 このほか、A子さんが離婚後に警察にした相談、児童扶養手当を満額受け取れなかった理由など、5月10日(火)12時配信の「週刊文春 電子版」及び5月11日(水)発売の「週刊文春」で詳報している。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(15枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z