昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ不気味なこれをガチャガチャに? 「ナゾの怖ガチャ」ベスト50 血まみれの指、カミソリ、人面犬、峰不二子の首…

日本一のコレクターが選んだ昭和レトロ

2020/12/12

 何が出るかわからないのがガチャガチャの魅力だが、カプセルから出した途端に「ドキッ」とするような“不気味な景品”も数多くある。

昭和レトロガチャ 最強コレクション』(グラフィック社)の著者で、10万点のガチャガチャ・コレクションを持つ仙台拠点のタレント、ワッキー貝山氏(50)に、前回の「『謎ガチャ』ベスト50」に引き続き、「『怖ガチャ』ベスト50」を選んでもらった。

ワッキー貝山氏の所有“ナゾの怖ガチャ”

◆ ◆ ◆

50位「“ドラえもん風”消し」

50位「“ドラえもん風”消し」

「このドラえもんは常軌を逸していますよね。大手玩具メーカーから出ていたドラえもんをベースに、勝手に手を加えたとしか思えない。天国の藤子・F・不二雄先生が知ったら狼狽するでしょうね(笑)。当時のコスモスという会社は、ほんとうに権利関係に甘かったんです」(ワッキー貝山氏、以下同)1980年、20円、コスモス製。

49位「スライミー」

49位「スライミー」

「なぜか小指のフィギュアが混入されています。食品への異物混入事件を連想させます。スライムは通常、容器に入ってますがこれは袋入り。詰め替え用なのでしょう。箱に200円と書かれていますが、実際は100円。これはお得感を演出するため。この世界ではよくあることです」80年代中盤、100円、コスモス製。

48位「かみそりの刃」

48位「かみそりの刃」

「これはヤンキーグッズ。カプセルの中に説明書もなく、これだけが入っている。嫌がらせとしか思えない商品です。もちろん切れません。切れたらヤバいです。ほかにはメリケンサックなどがありました」85年、100円、ビーム製。

47位「ピッグダイス」

47位「ピッグダイス」

「小さな豚の模型をサイコロがわりにして転がして遊ぶもの。最も得点が高いのは3個の豚が重なった時。しかし塗りが甘く、死んだ豚のようにも見えますね」80年代前半、100円、不明。

46位「峰不二子ポリヘッド」

46位「峰不二子ポリヘッド」

「ガチャガチャから、女の子の首だけが出てきたんですよ。これは何かと不思議に思っていたんですが、ほかに、ルパンや次元、五エ門に似た商品が出てきたので、「あ、峰不二子なんだな」とわかりました。しかし白目だし、全体的にのっぺりしていて、宇宙人に血を吸い取られた人間みたいで、不気味でした」77年、20円、コスモス製。