昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/29

genre : エンタメ, , 娯楽

6月19日(土)ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(大阪市中央区)

https://www.hotelforza.jp/osakanamba/

ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(大阪市中央区)

 ホテルフォルツァは以前から注目してきた九州地盤の宿泊特化型ホテルブランド。クオリティの高さから全国区の人気となっており、近年では金沢、札幌、大阪、名古屋と相次いで進出を果たしている。今回は2021年5月に開業、大阪では2軒目となる「ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀」へ。

ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(大阪市中央区)

 その名の通りまさに道頓堀商店街に面した「ここにホテルが!?」という立地。ビジネスホテルの1Fにコンビニという組み合わせは最近よく見かけるが、ここの1Fはドラッグストアと回転寿司だ(コンビニは真向かいにある)。

ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(大阪市中央区)

 場所が場所だけに半径50メートル内に金龍ラーメン2軒、金久右衛門、一蘭、ラーメン東大とラーメン店だけでも充実。難点は、ホテルの前に車が付けられず提携駐車場もないので車でのアクセスはイマイチということ(堺筋を越えるとコインパーキング多し)。とはいえここはミナミのど真ん中、繁華街の眺望はワクワク感がある。

6月22日(火)レムプラス神戸三宮(神戸市中央区)

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/kobe-sannomiya

レムプラス神戸三宮(神戸市中央区)

 2021年4月26日に開業した「レムプラス神戸三宮」は、阪急電鉄が建替えた神戸三宮阪急ビル内にある。遠くから見たときの存在感もすごいが、近くで見ると旧ビルの意匠を受け継いだ復元度がすごい。

レムプラス神戸三宮(神戸市中央区)

 ホテルは18~28 階の209 室で17階にフロント・ロビー、1~2階がホテルエントランスという構成。2階で神戸三宮駅東改札口に直結しているあたりがさすが阪急。レム新大阪(こちらは新幹線直結)を彷彿とさせる。最上階29 階にある「カフェ・レストラン神戸望海山(のぞみやま)」は神戸の街が見渡せる360度のパノラマが魅力。

レムプラス神戸三宮(神戸市中央区)

 もちろん客室からの眺望も素晴らしい。レムの十八番ともいえる客室のマッサージチェアも嬉しい。

z