文春オンライン

〈一家を再逮捕〉「儲けは全て親父が持っていった」給付金9億6千万円詐取“三重のビッグダディ”の豪遊生活

「虚偽申請はネズミ講みたいに広がった」

「大祈も東南アジアに行っていましたが、仕事がうまくいかず、給付金詐欺に手を出したようです。身近な友人から始まり、虚偽申請はネズミ講みたいに凄い勢いで広がった。そのボスが彼の親父だったんです。儲けは全て親父が持っていったようでした」

 光弘らの詐欺は20年8月、持続化給付金事務局が警視庁に相談して発覚。その2カ月後、光弘は共犯の家族をほっぽり出し、海外逃亡を図ったのだった。

 このほか、過去のもう一つの詐欺事件、コロナ給付金詐欺の手口、一攫千金を目論んだビジネスなど、雑誌には掲載していない“詐欺家族”が歩んだ道程を「週刊文春 電子版」で詳報している。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

〈一家を再逮捕〉「儲けは全て親父が持っていった」給付金9億6千万円詐取“三重のビッグダディ”の豪遊生活

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー