昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈一家を再逮捕〉「儲けは全て親父が持っていった」給付金9億6千万円詐取“三重のビッグダディ”の豪遊生活

 谷口光弘容疑者(48)らが家族ぐるみで9億円以上もの持続化給付金を騙し取った事件。警視庁は8月2日、谷口容疑者や元妻の谷口梨恵容疑者(45)、長男の大祈容疑者(22)ら関係者5名を詐欺罪で再逮捕した。

 約1800件もの虚偽申請を乱発した谷口一家。詐欺の手口や、主犯の光弘容疑者の転落人生を詳報した「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:「週刊文春」 2022年6月9日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

「一山当てて一攫千金や」

 それが、谷口光弘容疑者の口癖だった。かつては高級外車を乗り回した実業家。だが現在は家族ぐるみで9億円以上の“コロナ給付金”を騙し取り、指名手配犯となった。

警視庁が公開した谷口光弘容疑者の写真

 5月30日、警視庁は光弘の元妻で会社役員の梨恵、長男の大祈、次男のA(21)の3容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

「主犯の光弘は2020年10月にインドネシアへ出国し、今も行方を暗ましています。梨恵とは今年1月に離婚していますが、犯行当時は夫婦で、Aはその時19歳でした」(社会部記者)

 光弘らは、持続化給付金の申請受付が始まった20年5月からさっそく制度を悪用。捜査関係者が語る。

「光弘は東京・六本木のマンションでセミナーを開くなどして『誰でも給付金がもらえる』と謳い、個人から申請手続きの代行を引き受けていた。光弘の指示で次男が申請者の代わりに税務署を回って必要書類を集め、梨恵と長男が虚偽の申請手続きをしていた」

 一家は同年9月までの4カ月の間に約1800件もの虚偽申請を乱発。結果、約9億6000万円の給付金を掠め取ったのである。

z