フランス「原発回帰」の理由

緊急特集 電気料金急騰!どうする原発?

ファビエンヌ・ドゥラージュ 在日フランス大使館原子力参事官
ニュース 経済 国際

14基の新設を宣言。なぜ国民に受け入れられるのか

マクロン大統領 ©時事通信社

 今年2月、フランスが「原発回帰」を高らかに掲げ、世界中に驚きが走った。世界中でエネルギー不安が高まるなか、マクロン大統領は、すべての原子炉の運転期間の延長と、14基の新設を宣言したのだ。

 全発電量の7割を原発に依存する原発大国フランス。この原発回帰によって欧州最大の原発生産国となる見込みだ。

 それまでフランスは「縮原発」の立場で、2018年には「発電比率を35年までに50%に引き下げ」、「14基の廃炉」の目標を表明していた。

 ここにきてフランスはなぜ原発推進に舵を切ったのか。

 日本でも岸田文雄首相が、今年7月、当時稼働中の4基を含め、原発を最大9基稼働させる方針を明らかにしている。

 9月1日、在日フランス大使館で原子力参事官をつとめるファビエンヌ・ドゥラージュ氏に同国の「原発回帰」、そして日本の原子力政策について聞いた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月は1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • オススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年12月号

genre : ニュース 経済 国際