昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 娯楽

 それにコンピューター将棋の大会だと、引き分けは0.5勝になっちゃう。そうすると、そこを狙うのは損だなと。

──確かに。

磯崎:
 角換わりとかは、定跡レベルで千日手を狙えてしまう。だから先手で角換わりに行く定跡を使うのは、損でしょうね。

杉村:
 それは思います。みずうら王の定跡は私が用意したんですが、先手は相掛かりしか指さない。千日手になりにくいからですね。

──すみません。脱線してしまって……では2日目の本戦ですが、みずうら王は4回戦で、初日には勝ったGrampusに負け。そして5回戦で、ディープラーニング系のソフトであるGCTに敗北しました。

杉村:
 GCTに負けたのは序盤の精度の差かなと思ったんですが……Grampusに負けたのは、上手く指されたなと。

──相掛かりの、捻り飛車でしたよね?

杉村:
 ええ。みずうら王は振り飛車が苦手で、しかも後手番で相掛かりを避けません。そこを上手くミックスして突いてこられた感じがして……ああ、これは嫌な形だなと。

──捻り飛車は、途中で飛車を横に動かしますからね。それが結果的に振り飛車っぽい形になったということでしょうか?

杉村:
 そうなのかなぁと。で、実際に逆転されてしまって。向こうも事前にそういう定跡を作っていたわけではなくて、ソフトが勝手に指したみたいなんですけど。

──優勝候補のみずうら王が中盤で2敗し、大会は予想外の大混戦。ものすごく白熱しました! そして迎えた最終局の9回戦で、歴史に残るドラマが起こります。

杉村:
 最後のBURNING BRIDGESさんとの対局は、勝てば逆転優勝だったと思うんですが……。

──熱い戦いでしたよね!

杉村:
 千日手模様から、負けてしまって……ただ、みずうら王がどれだけ強かったとしても6割くらいしか勝てないわけです。同じ3990Xを使っていますし、そんなに差はないとすると……。

──こういう結果も有り得ると。みずうら王は勝てば優勝という戦いに負け、最終的には4位という成績でした。負けた将棋は全て後手でしたね。
 そして……1位には、なんとディープラーニング系のソフトであるGCTが輝くという、驚愕の結果となりました! まさかあのインタビューの直後にもう、ディープラーニングが1位になる時代が訪れるとは……。