昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 娯楽

──A100というのを使うと、もっと読めるんですよね?

磯崎:
 GCTは今回の大会では秒間70万局面くらい読めていたとおっしゃっていました。人間と同じ大局観を持っている人が70万局面を読んで指したら……これは大変な事だろうと(苦笑)。

──1秒で人間がどれだけ読めるかはわかりませんが……ヘタをしたら、人間と同じ大局観を持ち、何万倍も速く読めるという、おそろしいソフトが誕生したのかもしれませんね……。

磯崎:
 今回の電竜戦ではGCTは1手10秒かけていたとして、人間換算にしたら、それは何年分……何十年分の局面を読んだの? っていう話になりますね(笑)。

──うぅーん…………いやもう、話が凄すぎて……。杉村さんはGCTの将棋をご覧になって、いかがでしたか?

杉村:
 GCTとの対局では、みずうら王は序盤で「自分がいい」と言っていて、GCTも「自分がいい」と言っていて。それで、みずうら王が反省させられて負けたという形でした。

──みずうら王の序盤の認識が誤っていた、ということでしょうか。

杉村:
 対局の戦型自体も、コンピュータ将棋でよく指されている相掛かりという居飛車の戦法でした。つまり、序盤の力負けということになると思います。

 で、(ディープラーニング勢は)終盤力が若干、CPUを使っているソフト……NNUE勢に比べて弱いとされていて。実際にGCTは他の対局で、終盤で逆転負けしたこともあったんですが……みずうら王との対局では全くそんなこともなく、勝ち切られたという感じです。

磯崎:
 終盤は、ゲロゲロ弱いんですよ。dlshogiって五手詰めどころか三手詰めも見逃しますし。

──そこまでなんですか!? 電竜戦を拝見していると、普通に詰まして勝ってたような……?

磯崎:
 AobaZeroという、同じディープラーニングで作られているソフトが棋譜を公開しているんです。それを見たら……三手詰めを見逃して頓死してる棋譜とかもあって。