文春オンライン

特集観る将棋、読む将棋

「佐藤の銀が止まらない」観る将ファンが選んだ2021年度のベストシーンとは

「佐藤の銀が止まらない」観る将ファンが選んだ2021年度のベストシーンとは

観る将アワード2021/2022 レポート #2

2022/05/21
note

――井出さん、金井さんは去年も票がたくさん入っていましたよね。コメントご紹介します。

 手ざわり感、温度感が伝わる表現を淀みなく繰り出していた。どの対局も井出解説さえあれば最高のエンターテイメントになる。(43歳/男性)

――続いて金井先生。

 おもしろいお話を交えながら、色々な読み筋を教えてくださるのでためになります。聞き手の方との息もピッタリなので、かけあいを聞いているのが楽しいです。(50歳/女性)

深浦 木村さんには、おそらく来年も票が集まるでしょう(笑)。

ADVERTISEMENT

遠山 殿堂入りみたいな方が多いんですよね。せっかくならばもう少し違う方にと思いますね。

深浦 いい提案。金井さんも前からやっていただいて、同門の飯野愛さんと名コンビでいつ見てもいいなって思いますね。

金井恒太六段(日本将棋連盟棋士データベースより)

遠山 ファンも多いですよね。

――では、その方向でよろしいでしょうか。

深浦 はい。

――では、今年の解説者賞は金井恒太六段とさせていただきます。

受賞の言葉(金井恒太六段):

 この度は名誉ある解説者賞をいただきまして大変光栄です。

 将棋界では対局という真剣勝負の中で毎日のように様々なドラマが生まれています。

 これからも感動の瞬間を観る将の皆様と共有することができればと思っております。

最優秀聞き手賞 森内さんより解説していたのが印象的でしたね(笑)

――続きまして、最優秀聞き手賞。アンケートの順位はこのようになっています。

1位 上田初美女流四段
2位 中村桃子女流二段
3位 竹部さゆり女流四段
3位 本田小百合女流三段

――遠山先生は、竹部さんとは、以前よくコンビになるとおっしゃっていましたが、どういう方ですか?

遠山 竹部さんとは研修会、奨励会と一緒にやってきているのでもう30年以上の付き合い。そういう意味ではやりやすいんですよね。

――毒を吐くというコメントがありました(笑)。

 竹部さんはとにかく面白い! 竹部さんが聞き手で出演だとすごく楽しみです。毒吐く竹部さんが大好きです。(53歳/女性)

遠山 まあ、これでも穏やかになったんですよ(笑)。

深浦 そうなんだ(笑)。

天童市で行われた人間将棋には、名解説者&聞き手が集まった。左から順に竹部さゆり女流四段、木村一基九段、上田初美女流四段 ©野澤亘伸

遠山 本田さんも同世代ですが、先輩にも適度に突っ込んで話を引き出すのがうまい二人ですよね。本田さんは飯島栄治さんのいじりがうまいんですよ。

――コメントにもありました。

 飯島栄治先生を棋界で今一番生かし使いこなせる女流棋士。(52歳/男性)

――これはなぜですか?

遠山 付き合いが長いんですよね。転がし方がすごいですよ。しゃべらせるだけしゃべらせて本田さん、全然聞いてないとか(笑)。そんな掛け合いが面白い。