文春オンライン

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

「もう画面には出ないほうがいい」

「発言が取材に基づかないもので、多くの人を傷つけたということは、今までの玉川さんの発言自体を否定することになってしまう。コメンテーターという形では、もう画面には出ないほうがいいと思う。徹底した取材をしてニュースのVTRを作る、裏方に回る方が、説得力が出るのではないだろうか」

コメンテーターの“卒業”を勧める意見

 今後、局がどう対応するべきかという問題に言及した審議委員もいた。

「一番大事なのは、どうやって番組に戻すかというテレビ朝日の対応。間違いは間違いと認めてきちんと謝罪し、その上でまた同じステージに立たせることが、テレビ朝日のフェアな姿勢だと思う」

「玉川さんが取材せずに発言したのか、取材したが誤った情報を入手してこの発言になったのか、誰からか誤った情報を得たのか、想像だけで言ってしまったのか、そこまで事実がつまびらかにされるべき。玉川さんが体制に向かってきっぱり言う意見には視聴者が溜飲を下げることも度々あった。それが予断であったなら、これまで積み重ねたものすら泥を被ってしまうことが本当に残念」

 一方で、玉川氏に同情的な意見もあった。

「国民の意見を二分するような国葬問題に、玉川さん自身が非常に関心があり、思いが強かったがために出てしまった発言か。国葬がきちんと法整備されたものでないのであれば、その問題をどう考えるかという1歩先の議論に進められるとよかった」

一部では同情的な意見も

 審議会にはテレビ朝日の早河洋会長、篠塚浩社長も出席していたが、実は局側の見解も非常に厳しいものだった。

「玉川の発言は、過去の情報のアップデート、最終的な事実関係の確認ができていなかったという完全なる事実誤認で、情報を扱って、それを伝えるプロの水準には到底達していない状況であった。報道局を挙げてファクトチェックを強化している途上でこのような事態となり、痛恨である」

テレビ朝日側の厳しい見解

 玉川氏の謹慎は19日に明ける。

「一部で本人が降板する意向を固めたという報道がありましたが、本人は降りるつもりはありません。ただ、これまでどおり毎日の出演になるのか、違うかたちになるのか、そのあたりは局が検討しているところです」(テレビ朝日関係者)

『モーニングショー』の司会を務める羽鳥慎一アナ ©️時事通信社

 審議委員から「コメンテーターという形では、もう画面に出ないほうがいい」と言われ、局側からも「プロの水準には到底達していない」と指弾された玉川氏。19日の『モーニングショー』で本人の口から何が語られるのか、注目だ。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー