昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文春野球「コミッショナーだより」9月号

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/09/24

5、8月期 個人タイトル

8月期 最優秀コラム賞

8月9日「中国新聞の『お粗末』ツイートに、DeNA倉本好きの人妻が思ったこと」
横浜DeNA 西澤千央


・これまでは面白いが読者を選ぶコラムだった西澤さんが、野球を知らない人からの共感も得るテーマで書いてきたことにちょっと感動しました。(編集長竹田)
・取材したわけではない原稿でも、視点と筆によって、社会的なプロの作品になる。その好例と思います。(法務担当黒田)
・倉本好き人妻の設定を覚えている人はどれだけいるのでしょうか。(コミッショナー)

8月期 ベストゲーム賞

8月17日「ヤクルト(長谷川 晶一)1506  ー 1472  阪神(遠藤 礼)」

 昨年から、文春野球ではなかなかHITが出ずに苦戦を強いられている阪神・遠藤礼さんがヤクルト長谷川監督に肉迫したゲーム。遠藤さんの「背番号124の『野球小僧』 阪神・横田慎太郎が脳腫瘍から復活する日」は文句なしの名作なれど、長谷川さんの「ヤクルト・三輪正義の“致命的ミス”に、なぜか前向きになれた理由」も素晴らしかった。両者に敬意を表して8月期のベストゲームとさせていただきます。

◇首位打者

セ・リーグ8月期打率

1位 .357 長谷川晶一(ヤクルト)
2位 .314 西澤千央(横浜DeNA)
3位 .280 黒田創(横浜DeNA)
4位 .278 伊藤智仁(ヤクルト)
5位 .231 松嵜麗(ヤクルト)

パ・リーグ8月期打率

1位 .372 田尻耕太郎(ソフトバンク)
2位 .341 斉藤こずゑ(日本ハム)
3位 .297 上杉あずさ(ソフトバンク)
4位 .230 堀江良信(オリックス)
4位 .230 中川充四郎(埼玉西武)

セ・リーグ通算打率(規定打席5/8月31日現在)

1位 .258 西澤千央(横浜DeNA)
2位 .193 松嵜麗(ヤクルト)
3位 .188 高森勇旗(横浜DeNA)
4位 .175 若狭敬一(中日)
5位 .163 長谷川晶一(ヤクルト)

パ・リーグ通算打率(規定打席5/8月31日現在)

1位 .296 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 .213 えのきどいちろう(日本ハム)
3位 .207 DOMI(オリックス)
4位 .180 堀江良信(オリックス)
5位 .163 河内一朗(東北楽天)

8月期の首位打者は
セ・リーグ 長谷川晶一(ヤクルト)
パ・リーグ 田尻耕太郎(ソフトバンク)

◇本塁打王

セ・リーグ(月間)

1. 4329 今浪隆博(ヤクルト)
「元ヤクルト・今浪隆博が書く『青木宣親、坂口智隆、大引啓次の良さは“表情”にあり』」
2. 3796 西澤千央(横浜DeNA)
「中国新聞の『お粗末』ツイートに、DeNA倉本好きの人妻が思ったこと」
3. 2905 松嵜麗(ヤクルト)
「古田敦也さんはずっと私のヒーローです〜ヤクルト愛が呼んだ奇跡の物語〜」
4. 2643 西澤千央(横浜DeNA)
「ベイスターズと思春期ーー中二の息子を連れてハマスタへ」
5. 2481 伊藤智仁(ヤクルト)
「伊藤智仁が語った『原樹理がつかんだもの、近藤一樹の頼れるところ』」

セ・リーグ(年間)

1.  8879 長谷川晶一(ヤクルト)
「4.19広島-ヤクルト戦 ビジパフォ席で私が目撃した『あるトラブル』」(4/22)
2.  5209 プロ野球死亡遊戯(巨人)
「巨人ファンが見る『35歳 亀井善行』の野球人生は、まるで極上の名作映画である」(5/5)
3.  4649 プロ野球死亡遊戯(巨人)
「NPBは村田修一をこのまま終わらせてしまっていいのだろうか?」(7/22)
4. 4592 松嵜麗(ヤクルト)
「声優・松嵜麗は、なぜ福岡出身なのにヤクルトファンになったのか」(4/25)
5.  4482 プロ野球死亡遊戯(巨人)
「坂本勇人『19歳の少年』が巨人史上最高の遊撃手になるまで」(7/9)

パ・リーグ(月間)

1. 2633 斉藤こずゑ(日本ハム)
「日本ハム・中島卓也のファウルを数える“タクメーター”誕生秘話」
2. 2608 梶原紀章(ロッテ)
「日本ハムに移籍した藤岡貴裕 忘れられないクリスマスイブの出来事」
3. 2424 えのきどいちろう(日本ハム)
「ロッテに移籍した岡大海 ずっと応援するために“岡ーズ”結成」
4. 2201 井上晴哉(ロッテ)
「ロッテ・井上晴哉を育てた“父の鬼ノック”と“母のすごい料理”」
5. 2150 斉藤こずゑ(日本ハム)
「『応援大使』が生んだ、北海道の町とファイターズの選手との深い縁」

パ・リーグ(年間)

1. 5840 DOMI(オリックス)
「西日本豪雨で交通網が遮断 オリックス球団オペレーターがとった対応とは」(7/25)
2. 4311 内竜也(千葉ロッテ)
「ロッテ・内竜也が書く『オールスター初登板で思い浮かんだ中学の同級生のこと』」(7/16)
3. 3757 鈴木大地(千葉ロッテ)
「開幕3連戦を終えて ロッテ・鈴木大地の想い」(4/5)
4. 3197 中村奨吾(千葉ロッテ)
「“決して足は速くない”ロッテ・中村奨吾の盗塁が増えた理由」(5/16)
5. 3039 えのきどいちろう(日本ハム)
「ボッコボコの日本ハム 僕は石川直也を絶対、見捨てない」(4/4)

8月期の本塁打王は
セ・リーグ 今浪隆博(ヤクルト)
パ・リーグ 斉藤こずゑ(日本ハム)

8月期 勝利数セ・リーグ

1位 2勝0敗 プロ野球死亡遊戯(巨人)
       Kameyama(巨人)
       西澤千央(横浜DeNA)

8月期 勝利数パ・リーグ

1位 3勝0敗 河内一朗(東北楽天)
2位 2勝0敗 梶原紀章(千葉ロッテ)
    2勝0敗 上岡真里江(埼玉西武)


年間勝利数セ・リーグ

1位 11勝0敗 プロ野球死亡遊戯(巨人)
2位  8勝0敗 西澤千央(横浜DeNA)
3位  6勝2敗 Kameyama(巨人)
4位  5勝0敗 松嵜麗(ヤクルト)
5位  4勝1敗 オギリマサホ(広島)
     4勝5敗 長谷川晶一(ヤクルト)

年間勝利数パ・リーグ

1位 7勝3敗 田尻耕太郎(ソフトバンク)
    7勝4敗 河内一朗(東北楽天)
    7勝6敗 梶原紀章(千葉ロッテ)
4位 6勝1敗 斉藤こずゑ(日本ハム)
5位 5勝4敗 えのきどいちろう(日本ハム)
    5勝5敗 かみじょうたけし(東北楽天)

6、「文春野球AWARDS2018」開催日決定のおしらせ

 今シーズン最後の行事であります表彰式「文春野球AWARDS2018」の日程が決定しましたのでおしらせします。

日時2018年11月20日(火曜日)19時~
場所:LOFT9Shibuya 

ペナントレースの各賞の授賞式ほか
前売り等の詳細は文春野球公式Twitterでおしらせいたします。

 以上、文春野球コラムペナントレースコミッショナーだより9月号でした。ペナントレースも残り1カ月を切っています。最後のアツい戦いをお見逃しなく。引き続き文春野球をよろしくお願い致します。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。