昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

私立文系をバカにしている書き込みを見ると腹が立つ。これって日本だけ?――中野信子の人生相談

あなたのお悩み、脳が解決できるかも?

2021/11/03

 みなさまのお悩みに、脳科学者の中野信子さんがお答えします。

中野信子さん ©文藝春秋

◆ ◆ ◆

Q なぜ私立文系を見下すのか?──19歳・女子大学生からの相談

 私立文系の大学生です。ツイッターで私立文系をバカにしているツイートを見ると、はあ?と怒りが湧き、あとから傷つきます。検索エンジンで「私文」と打つと、「私文ゴミ」と出てきます。私立文系を見下す風潮があるのは、日本だけなのでしょうか。なぜこのような差別が起きるのでしょうか。

 実は、私も受験のときは第一志望が国立大学で、私立文系はダサいと思っていました。数学ができず、絶望して私文に入りました。今でも、数学や物理など難しそうな科目を勉強する理系の学生には憧れがあります。でも、能力で人をバカにするのは許されないと思います。

中野信子の回答

A 私大文系はバカにされるのですか? 私は国立理系の出身ですが、まさに私大文系に憧れていました。中高生時代に栗本薫さんにハマり、彼女が学んだ早稲田大学第一文学部に進学し、彼女のようなSF作家になりたいと思っていたんです。やがて己の文才のなさに気づき、進路変更しました。

「第一の学問」と呼ばれるのは「哲学」ですし、文系の学問はとても大事です。日本で文系が軽んじられているのだとすると、それは歴史的背景に原因があるのでしょう。日本の大学における学問の様相は、明治維新政府によって定められた部分が大きく、そこに日本独特の事情があったのです。

最新話は発売中の「週刊文春WOMAN 2021年 秋号」に掲載中

 世界大学ランキング1位のマサチューセッツ工科大学(MIT)をはじめカリフォルニア工科大学、スイス連邦工科大学など、工学系の名門大学がいくつもありますが、世界で初めて大学に「工学部」を創設したのは東京大学なんです。

 それまでは、テクノロジーについては、マエストロのような職人が担うべきものであって、大学の学問ではないというのがヨーロッパの伝統でした。