昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「叩かれる」「怖い」横浜幼児虐待死“届かなかったSOS” 母親と死亡した4歳男児は警察に虐待相談の過去も…

genre : ニュース, 社会

「両腕に入れ墨が入っていてね、話してみると普通なんだけど。犬の糞を7つも8つも放っておいたりだらしない人ではありましたね」(内田容疑者の知人)

 8月24日、神奈川県警捜査1課などは横浜市鶴見区のアパートで、2018年1月に交際関係にあった同居女性の4歳の長男、紺野叶志郎(きょうしろう)君を暴行して死亡させたとして、同市緑区の内田正也容疑者(30)を逮捕した。

母親は仕事で外出しており、事件当時の目撃者はいない

 事件について、県警担当記者が解説する。

「事件は2018年1月23日午前、内田容疑者の119番通報で発覚しました。叶志郎君は外傷性くも膜下出血などがあり、頭部に相当強い力を加えられたとみられ、搬送先の病院で25日に死亡が確認されました。その後、病院が『虐待の疑いがある』と警察に通報して事件が発覚。母親は119番通報時、仕事で外出しており、事件当時の目撃者はいませんでした。内田容疑者は取り調べに対して『暴行していない』と容疑を否認しています」

事件が起きたアパート

 4年以上前に起きた不可解な“幼児死亡事件”。内田容疑者の逮捕に向けて、捜査1課は密かに捜査を進めてきたのだという。県警関係者が明かす。

関連記事

z