昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「日本を発たれた時は、両陛下ともグレイを基調にした装いでした。ところが英国に降り立たれた際は、マスクを含めて黒で統一されていた。英国王室の方々に合わせて配慮されたのだと思います」(同前)

黒玉のネックレスに込められた愛

 雅子さまに寄り添うネックレスも黒玉(ジェット)と見受けられる。そもそもは英国王室で貴ばれてきた“喪のジュエリー”だ。

「19世紀、ヴィクトリア女王が服喪の際に身に着けたとされます。故人への愛を象徴し、英国とも深く結びついている。雅子さまのお心が感じられます」(同前)

写真提供 アフロ、ゲッティ

キャサリン妃の首元には“日本が贈った真珠のチョーカー”

 この日、キャサリン妃の首元には日本が女王に贈った真珠のチョーカーが。女王が築いた親交は、黒と白、2つの輝きにも表れていた。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z