文春オンライン

《名古屋女子大生殺人》「自殺なんて思えない」大学の同級生が明かす“被害者女性(20)事件前の笑顔の理由”「大好きな焼きそばパンを食べて『幸せぇ~』って微笑んで…」

genre : ニュース, 社会

「加古ちゃんは事件があった前日の5日も講義を受けていましたし、テストに向けて勉強していました。いつもと変わった様子はなかったです。私は、そんな子が自殺を望んでいたなんて思えないんです……」

 名古屋市中区のホテルで女子大生の加古結莉(かこ・ゆり)さん(20)が遺体で見つかった事件。同じ大学に通う同級生はこう訝った。

 ◆◆◆

「薬に精通していた」は短絡的

 12月6日、加古さんの遺体はホテルの一室で見つかった。頭にはビニール袋をかぶせられ、首のあたりにはビニールテープが巻かれ、密閉されたような状態だったという。

加古さんが亡くなったホテル ©️文藝春秋

「異様な状況ではあるものの、加古さんに目立った外傷や争った形跡はなく、室内からは睡眠成分が含まれる市販薬が見つかっています。司法解剖の結果、死因は急性呼吸不全による窒息死でした。薬を服用し、なんらかの形で頭にビニール袋をかぶせられたことが原因と見られます。

 捜査当局は、一緒にホテルに宿泊していた福島県伊達市の渡邉真由美容疑者(39)、愛知県安城市(自称)の鈴木健太容疑者(48)、兵庫県姫路市の18歳の女子大生の3人を殺人の疑いで逮捕しました。4人は住む地域も年齢もバラバラで、日常的な接点が見られません。当局は、『彼らは自殺願望があり、SNSを通じて知り合った』と見て捜査を進めています」(社会部記者)

加古結莉さん(大学HPより)

 加古さんは名古屋市内にある大学の薬学部に在籍していたため、「薬に精通していた」と見る向きがある。しかし、前出の同級生はこうした見方は短絡的だと語る。

関連記事