文春オンライン

目利き書店員が太鼓判 第12回「本屋が選ぶ時代小説大賞」を発表!

2023/01/17

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 読書

第12回目を迎えた「本屋が選ぶ時代小説大賞」。目利き書店員の皆さんが本気で「いちばん売りたい」一冊を選んでいただく選考会は、2022年10月28日に文藝春秋本館にて行われ、本年度も白熱した議論が交わされました。

選考委員は、阿久津武信(くまざわ書店錦糸町店)、礒部ゆきえ(TSUTAYA BOOKSTORE 下北沢)、市川淳一(丸善ラゾーナ川崎店)、平井真実(八重洲ブックセンター京急百貨店上大岡店)、吉野裕司(紀伊國屋書店新宿本店)の5氏。

候補作については2021年10月1日~2022年9月30日に発表された単行本の中から、文芸評論家の縄田一男、末國善己、大矢博子の3氏の推薦をもとに、下記の作品を候補としました。

赤神諒 『はぐれ鴉』
今村翔吾 『幸村を討て』
梶よう子 『広重ぶるう』
木下昌輝 『孤剣の涯て』
谷津矢車 『北斗の邦へ翔べ』

選考会に出席された書店員の皆さま(敬称略)

 

直木賞受賞作『黒牢城』&『塞翁の楯』が大ブレイク!

 ――「本屋が選ぶ時代小説大賞」も今年で12回を迎えます。この1年間、書店の店頭の様子はいかがだったでしょうか?

 平井 このジャンルでいえば、年頭に直木賞を受賞した、米澤穂信さん『黒牢城』(KADOKAWA)と今村翔吾さん『塞王の楯』(集英社)は両作ともめちゃくちゃ売れました。信長に謀反した荒木村重の有岡城での籠城戦を描いた『黒牢城』は、時代小説としてもミステリーとしても面白くて、幅広い客層の方が買われていった印象です。

 私の店舗には、今村さんを贔屓にされていて、「新刊が出たら絶対買うから取っておいて」というおじいさまがいらっしゃるんですけど、「テレビでよく見るけど、次の新刊はいつ出るの?」って頻繁に聞かれます。テレビに出ると執筆時間が減ると心配されているんでしょうか(笑)。

 市川 最近では一番売れたというくらい、出ましたね。たぶん、普段は米澤さんの作品に触れない方も読んだのではないかなと思います。