楽天社長ワンマンに拍車、IIJ外様登用の裏、ENEOS会長ご乱行退任の陰で沈黙する女性社外取、富士フイルムHDの「不発」

丸の内コンフィデンシャル

ビジネス 企業

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する

★ワンマンぶりに拍車

 楽天グループ(三木谷浩史会長兼社長)が不祥事に揺れている。2019年から物流事業で担当幹部が不正な便益供与を委託先に求めていたことが判明した。水増し請求の総額は46億円にのぼるという。楽天はこの幹部社員を解雇している。

 携帯電話事業の先行投資が膨らみ、楽天グループの今12月期は4期連続の巨額赤字となる見通しだ。すり減った自己資本を増強するため、11月には傘下の楽天証券における2割の株式をみずほ証券(浜本吉郎社長)が800億円で取得する。グループとしてもメインバンクのみずほ銀行(加藤勝彦頭取)に対する借り入れ依存度は高く、「みずほフィナンシャルグループ(木原正裕社長)が見放したら楽天は立ちゆかない」と金融関係者の間で囁かれている。

 期待する携帯電話事業の先行きが見えないのは、「三木谷氏のワンマン経営に拍車がかかっているから」(楽天関係者)という見方が少なくない。3月末に楽天モバイル社長の山田善久氏が退任したのがその象徴だ。三木谷氏と同じ興銀出身の山田氏は楽天トラベルの社長を務めるが一度辞任。10年に楽天に復帰しグループのCFOなど要職を担ったものの、「極端な成果を求める三木谷氏のわがままについていけなくなった」(前出・関係者)という。4月から「家庭教師のトライ」を展開するトライグループ(二谷友里恵社長)の代表取締役を務める。

 代わりに楽天モバイルのCEO職が三木谷氏からタレック・アミン氏に移り、山田氏の後継は矢澤俊介氏となった。アミン氏は技術畑のため、実質的に経営を仕切るのは矢澤氏とされる。05年入社の矢澤氏は「楽天市場」の営業で成果を残した典型的なたたき上げで、三木谷氏への忠誠心も人一倍高い。矢澤氏の決裁経路にはグループ副社長の百野研太郎氏がいるが、三木谷氏の決定を追認するだけと言われ、もう一人の副会長で金融部門を統括する穂坂雅之氏も三木谷氏の前ではまったく発言権がないという。

 通話品質を上げるための基地局投資の原資が、いつ底をつくのか。そうした不都合な情報は三木谷氏に上がってきていないのかもしれない。

★外様登用の裏で

 国産デジタル通貨を推進するIIJによる人材スカウトが話題を呼んでいる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年12月号

genre : ビジネス 企業