ソフトバンクの後継者、暗号資産業の苦境、ペイロール覇権争い、DHC身売りの今後

丸の内コンフィデンシャル

ビジネス 企業

日本経済の中心地、東京・丸の内から、“マル秘”財界情報をくわしくお伝えする

★ついに後継者現わる?

 ソフトバンクグループ(孫正義代表取締役会長兼社長)が11月11日、9月期の連結決算を発表。最終利益が1290億円の赤字となった。

 アリババグループ・ホールディング(ダニエル・チャンCEO)の株式を売却し、再評価益4兆6000億円を計上すると発表したが、最終赤字から脱せなかった。

 最大の要因は、中核事業のビジョン・ファンドが経営不振に陥ったことだ。4―6月期に四半期ベースで過去最大の3兆1627億円の赤字を計上している。

 さらに投資家を驚かせたのは、孫氏が30分ほどの冒頭挨拶のみで引っ込んだことだ。これまで孫氏は直接、投資家に対し、自説を滔々と語ってきたが、今回、後藤芳光最高財務責任者(CFO)に詳細な業績報告を委ねた。

 後藤氏は2000年にソフトバンクに入社。財務畑を中心に歩みCFOに上り詰め、福岡ソフトバンクホークスの社長も兼務する。

 安田信託銀行(現みずほ信託銀行)の行員だった後藤氏は、1997年に同行が経営危機に瀕すると、光通信に転職。しかし、その光通信も経営危機に陥った。苦境にあった後藤氏を拾ったのが、安田信託銀行元会長で、当時ソフトバンクの取締役だった笠井和彦氏だ。2013年に笠井氏が亡くなると、後藤氏はメインバンクであるみずほフィナンシャルグループ(FG)との窓口となり、ソフトバンクの財務戦略を担ってきた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年1月号

genre : ビジネス 企業