昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 また、2月末から3月初めの1週間で最も売れた食品は、(1)味の素「ギョーザ」、(2)ニチレイ「本格炒め炒飯」、(3)(4)ハウス「バーモントカレー」(中辛、甘口)、(5)「サトウのごはん」新潟県産コシヒカリ5食パック……と、冷凍食品やレトルト食品が上位を占めている。

サービス支出のなかで唯一の増加は……

 東日本大震災のときも今年3月も、スーパーの特需は2週間続いた後、落ち着きを取り戻した。しかし今回は、小池都知事の「感染爆発の重大局面」発言(3月25日)で再び売上が増え始め、長期化が予想されている。

渡辺努教授

 反対に売上が減った業種もある。クレジットカード利用情報「JCB消費NOW」を見ると、サービス業は軒並み記録的な落ち込みとなったことがあきらかだ。

 旅行が57%の大幅減、続いて宿泊が37%減、娯楽が27%減、外食が25%減となっている。サービス支出のなかで唯一の増加はコンテンツ配信だけだ。巣ごもり消費がデータでも裏付けられた。

出典:「文藝春秋」5月号

 今後、懸念されるのは、この巣ごもり消費が長期化することだ。需要が「蒸発」する恐れすらある産業もあるという。渡辺教授のくわしい分析は、「文藝春秋」5月号および「文藝春秋digital」掲載の「巣ごもり消費パニックの『勝ち組』『負け組』」をぜひお読みいただきたい。特需に沸く産業がある一方で、倒産増加も避けられそうにない産業がはっきりと見えてくる。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー