文春オンライン

「“売春婦”などの記述は1カ所もない」……「反日種族主義」著者が逆告訴 “全面対決”の裏で何が起きているのか?

2020/07/14
note

「聞きかじりの内容で告訴する、それこそが反日種族主義である」

 日本軍慰安婦については、この2冊で朝鮮王朝時代からの国家権力、男性支配、戸主、貧困階層の女性の受けた性支配や略奪という朝鮮固有の長い歴史の背景も説明したうえで、日本支配下の朝鮮半島での慰安婦制度や朝鮮人の民間業者による役割などを詳細に記述、分析している。

ソウル市内の日本大使館前にある慰安婦像 ©AFLO

「売春婦などという表現は慰安婦制度の歴史性に全くそぐわない用語であるため、2冊のどこにも出てこない」「宋永吉議員と弁護士に聞く。2冊の本を読んだのか。本も読まずに聞きかじりの内容で告訴する、それこそが反日種族主義である」(声明書)と真っ向から対決姿勢で臨んでいる。

 一方で李氏ら執筆陣は、「この機会を好機ととらえ、日韓関係をここまで悪化させてきた対日史観について、韓国国民に我々が実証してきた事実を認識してもらうことも期待している」とも述べている。『反日種族主義』が韓国でベストセラーになったことで、これまで反日教育を受けていた若い読者の学び直しが始まっているという。

ADVERTISEMENT

韓国でベストセラーとなった『反日種族主義』 ©文藝春秋

「まだ少数派だが、私たちは若い人たちを加えたグループで法廷闘争を戦っていく」(李栄薫氏)

 慰安婦問題は複雑な様相を呈している。『帝国の慰安婦』の著者、朴裕河・世宗大学教授も名誉毀損で訴えられ、一審無罪、二審有罪となり、大法院判決が残されている。政治レベルでは朴槿恵政権下で2015年に結ばれた日韓合意が文政権に事実上破棄されて以来、韓国では「慰安婦=性奴隷」説が回復。一方で元慰安婦の李容洙さんが元慰安婦団体代表の尹美香氏を「利用されるだけ利用された」と告発、尹氏の使途不明金疑惑が明るみに出て検察の捜査が始まっている。文政権の検察改革により検察との間には緊張感があり、慰安婦問題の行方には様々な要因が絡んで、今後も予断を許さない状況だ。

反日種族主義と日本人 (文春新書 1258)

久保田 るり子

文藝春秋

2020年4月20日 発売

反日種族主義 日韓危機の根源

栄薫, 李

文藝春秋

2019年11月14日 発売

「“売春婦”などの記述は1カ所もない」……「反日種族主義」著者が逆告訴 “全面対決”の裏で何が起きているのか?

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー