昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

「どうせ摘発されないだろ」と舐めていた?

 こうした“過剰サービス”を受け、実は摘発前からたびたび警察の警告があったという。店を訪れたことがある男性客が話す。

「メンズエステには自分が施術されている姿や、露出が激しいセラピストの姿が見れるように大きな鏡が置かれているのですが、数年前に店舗を訪れた時は綺麗に片づけられていたんです。セラピストに『なんで?』と聞くと、『警察から警告が入ったから』と。それでも『しばらくは“裏オプ”を案内しちゃいけないことになってるけど、別に良いよ』と言われました。『こりゃ何でもアリだな』と思いましたよ。結局1~2週間で、鏡は元に戻していましたし……。他店舗にも何度か警告がきたことはあったらしいですが、1店舗が大丈夫だったから『どうせ摘発されないだろ』と、警察を舐めていたのでしょう」

ホームページには露出の大きな服に身を包んだセラピストの写真が…

 急激な流行が続くメンズエステ。摘発ラッシュが続くなかで、ブームはどんな終焉を迎えるのだろうか?

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(16枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z