昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「2年前にも“顔のかわいいお気に入りの14歳”と…」“男子中学生”に淫らな行為で逮捕 42歳シングルマザーが“また超えてしまった一線”《携帯のやりとりで発覚》

genre : ニュース, 社会

「どこにでもいる普通のシングルマザーの家庭だと思っていました。お母さんは派手な見た目でもなく、朝には小学生のお子さんと一緒に出て行くところを見たことがあります。過去に何をしていたのか知らなかったですし、まさかこのような事件を起こしていたなんて想像もできませんでした」(大家の女性)

 神奈川県警相模原署は8月31日、中学3年の男子生徒(14)に淫らな行為をしたとして、横浜市旭区の無職、松野真帆容疑者(42)を逮捕した。松野容疑者は小学生の子どもを持つ母親でありながら、知人の息子である中学生と関係を持ったという。さらに、2年前にも同様の犯行に手を染めていた過去があった。大手紙県警担当記者が解説する。

写真はイメージ ©iStock

2年前にも14歳の男子中学生に手を出して逮捕

「松野容疑者は、今年5月19日、横浜市旭区の自宅アパートで知人の息子である被害中学生と性的な関係をもったとして県の青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されました。事件が発覚したのは、松野容疑者の知人でもある被害生徒の母親が、息子の携帯のやりとりを見て、警察に通報したことがきっかけです。松野容疑者と一線を超えたことをうかがわせるやりとりがあったとみられます。

 松野容疑者は、2020年6月にも同様に14歳の男子中学生と性交をしたとして逮捕されています。中学生くらいの男の子を好む性的嗜好があるのでしょうが、悪びれることなく、淡々と容疑を認めているようです」

z