文春オンライン

「深刻な病状ではないものの、ジャニーさんは大きな病を患っています。車椅子に乗っていることもあるし、2、3人のスタッフに支えられていることもあります」(ジャニー氏の知人)

 健康問題を抱えたジャニー氏が下した最終結論は、ジュリー氏ではなく滝沢への後継指名だったのだ。

「死ぬまで社長は譲らない」

 今回ジャニーズ側が繰り返し強調するのが、滝沢はジャニーズ事務所の社長候補ではないということだ。

 近藤や東山が関連会社の株を所有しているケースもあるが、オーナー企業のジャニーズが血族以外に社長の座を譲ることはない。あくまでも経営のトップはメリー氏の娘であるジュリー氏であり、次の社長にジュリー氏が就任する方針にも変更はないという。だがジュリー氏への禅譲を拒んでいたのは他ならぬジャニー氏だった。

“次男”の東山紀之にも取材

 別のジュニアが明かす。

「本来なら社長交代はもっと早い段階で行われてしかるべきでしたが、ジャニーさんは『死ぬまで社長の座は誰にも譲らない』と頑なでした。SMAPが解散する前には、『次の社長は絶対、飯島だ』と言い続けていたほどです」

 基本的に女性スタッフと言葉を交わさないジャニー氏が唯一コミュニケーションを取っていたのが、SMAPの元マネジャー、飯島三智氏だった。

事務所を二分する「飯島派」と「ジュリー派」

「ジャニーさんが目をかけた中山優馬がユニットを結成したとき、飯島さんは即座に各テレビ局の社長を集め、宣伝にひと役買った。感激したジャニーさんは『こんなに仕事ができる人はいない』と褒めちぎり、飯島さんにジュニアの育成も任せるようになったのです。一方でジュリーさんは飯島さんが担当したタレントやジュニアに冷たく当たり、今も冷遇が続いていることをジャニーさんは嘆いている」(同前)

 現在ジュリー派のグループとされるTOKIOや嵐を見出し、ジュニア時代から育て上げたのはジャニー氏だ。

 だがジャニーズの今後も決して楽観できない。滝沢が育成のトップに立っても、状況は変らないと考えるタレントは少なくないからだ。

「ジュリーさんが、飯島さんに目をかけられたタレントを冷遇してきたように、今後も滝沢君が育てたジュニアや研修生を事務所が使いたがらないのは目に見えている。舞台には出演できるかもしれないがデビューできるかは別問題。特にジュリーさんが担当するテレビ出演に関しては絶望的ですね」(同前)